ディア・マイ・レイディ!

・作

テレビに夢中で、自分にまったく構わない未緒をおもしろくなく感じた誠志郎は、未緒にちょっかいをかけ始める。それでも未緒はテレビから目を離さない。テレビから目を離さない理由も誠志郎にとってはおもしろくなく、誠志郎は未緒が自分に構うように策を講じる。

リビングに入ると、ふわりと柔らかく淡い香りが誠志郎の身体を包んだ。

タオルで髪の水滴を拭き取りつつリビングを進むと、ソファの上で未緒がテレビを見ながら、髪を乾かしていた。

温風に乗って、さらさらと長い髪がなびく。風に煽られるたび、甘い匂いが鼻腔をくすぐった。

ふわふわといい心地だ。誠志郎は機嫌よく猫撫で声で未緒に、ねえねえと声をかけた。

けれど、返事がない。

ドライヤーをかけているせい、というのもあるだろうが、未緒はテレビに釘付けで、誠志郎が来たことにすらまったく気がついていない。

上機嫌に鼻歌など歌っている。

誠志郎は自分の存在を気づかせるようにわざと、どっかと未緒の隣に腰を下ろした。

「いー香りだね。おれ好き」

背中まですっぽりと覆う未緒の長い髪を指に絡ませて、くるくると遊ばせる。

「んー?」

「シャンプー!いい香りだね」

ありがとー、と未緒はどこか明後日のほうを見て返事をする。

「髪、長いの好き。お姫様みたいで」

返事なし。

心にわだかまりが残りつつも、誠志郎はつんと口を尖らせるだけで言葉には出さなかった。

*****

未緒は髪を乾かし終わってもずっとテレビに夢中だ。

せっかく、久々に二人きりなのに?おれよりもテレビを優先するわけ?

と、誠志郎の中でむくむくと不満が大きくなる。

誠志郎は未緒の髪に手ぐしを通しながら、あからさまにぶりっ子して、こそこそと耳打ちした。

「なに観てんの」

「シッ、今いいとこ」

跳ね除けられる。

効果はないようだ。

「はぁ?」

あからさまにムッとして、誠志郎も睨みつけるようテレビに目を移す。

買い替えたばかりの4Kのテレビには、スカした顔をしてギターを掻き鳴らす誠志郎の姿がでかでかと映し出されていた。

「おれじゃん」

「そう!この前のライブの様子が、番組で取り上げられるって聞いて!ほんとに映ったぁ」

未緒は胸の前で指を組み、感涙に声を震わす。

「はあ?いや別にテレビ出んの初めてじゃないじゃん。Nステにだって出てんでしょ…」

「そうだけど…、やっぱ嬉しくなっちゃうっていうか……はぁ……やばぁ画質よすぎ」

テレビの中に誠志郎に、きゃーきゃーと未緒は歓声を上げる。

誠志郎の不機嫌は最高潮に達していた。舌打ちの一つでも鳴らしそうな顔である。

未緒はまるで気づかず、楽しそうに誠志郎の袖を引っ張る始末。

「かっこよ……。私、ここのこれ好きなんだよね……この台詞……」曲に合わせて口ずさむ。「ふん、ふふ、ふーん…『ご命令を!お嬢様!』」

未緒がうっとりと、頬を紅潮させる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな54343Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49836Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38836Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも29642Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22502Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉18152Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu16859Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15036Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13127Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13120Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る