彼の新しい車で海へドライブに。キスをしていると、シートを押し倒されて…

・作

車好きな彼氏が大きな新車を購入した。海へドライブに行くことになり、ロマンティックな雰囲気にうっとりしている私。その後、車の中で彼とキスをしていたのだけれど、彼が私のシートを押し倒し、スカートの中に手を入れてきて… 

車が趣味の彼が大きな新車を購入し、ドライブに誘われた。

外車のワンボックスカーだと説明されたけれど、私は車に全然詳しくないため、とりあえず「かっこいいね」とだけ言った。

「天音(あまね)、この車のよさが全然わかってないだろう?」

「あ、バレた?」

「それはな。まぁいいさ、乗って」

助手席に座ると、車高の高い車だけあって外の景色がいつもと違って見える。

窓を開けると気持ちのよい風が入り込み、髪を揺らした。

「遥灯(はるひ)くん、どこに向かっているの?」

「とりあえず、海なんてどうかな」

「いいね!」

「疲れたら、眠っていいからな」

遥灯くんはテストドライバーとして働いていて、趣味も仕事も車一色だ。

忙しくてなかなか会うことができず、たまのデートも遠方へドライブしながらゆっくりとお喋りを楽しむことが多い。

私はあまり口数が多い方ではなく、遥灯くんも急かすような性格でもないため、無言でも心地よい間柄だった。

海に到着すると、私たちは手を繋いでどこまでも砂浜を歩いた。

遊泳の時期ではないので人はまばらで、私たちのようなカップルが何組かいる程度だった。

出発が午後だったためすぐに夕方になってしまい、空は端の方から徐々に夕闇に包まれた。

「夕日が沈むところも見られて、よかったね」

「ああ、綺麗だったな」

私は遥灯くんの綺麗な手に指を絡めながら、次はいつ会えるだろうかとぼんやり考える。

車内に戻ってからも遥灯くんはすぐにエンジンをかけず、二人とも黙っていた。

すると、彼が私をそっと抱き寄せてキスしてきた。

「…」

唇が離れて目が会うたびに、遥灯くんは私を抱きしめる力を強める。

再び目を閉じてキスに耽っていると、彼がシートをそっと倒し、私のスカートの中に手を入れてきた。

「やっ…」

「嫌か?」

「するのは、嫌じゃないけど…ここじゃ見えちゃうよ」

あたりはすっかり夜の闇に包まれ、他に車や人の気配は感じない。

それでも、万が一見知らぬ人にセックスを覗かれたらという恐怖があった。

遥灯くんはすばやく後ろのフラットシートを倒し、私にそこに寝るように促す。

フラットシートに仰向けになると、天井が高いことに気づいた。

「天音」

遥灯くんがキスをしながら、私の服の中に手を入れて胸をまさぐる。

乳首はすぐに固くなって、下半身が熱くなるのがわかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55679Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45333Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35634Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23876Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22982Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22729Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17158Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る