バイトくんのお見舞いに家まで行った時に

・作

パート先の店長に頼まれて、配達バイトの大学生、龍一の家までお見舞いに行く人妻、香純。以前から龍一のことを気に入っていたこともあり、喜んでお見舞いに行った先で、眠る龍一に香純はつい添い寝してしまうと…

私、香純は親の勧めもあって、若い頃に1回り年上のなかなか稼ぎの良い男と結婚したんです。

その後生まれた一人息子は全寮制の高校に行くことになって、夫はそれ以前から単身赴任で。暇になった私は、独身の頃にしていた調理の仕事を再びやってみようと、近所の定食屋で働くことにしたんです。

仕事は大変だけどやりがいがあって、なんだか独身の頃に戻ったかのような気分で生活していました。

そんな私にはもう一つ楽しみがありました。仕事先では、流行りのフードデリバリーではなく、出前のアルバイトを雇っているんですが、働いてる男の子の一人、龍一くんという子がとてもかわいいんです。大学生にしては背も小さくて童顔なところが魅力的なんですが、自転車をこぐ脚は筋肉質で、そのギャップがたまりません。

いつも出前の弁当を受け取るたびに「いってきます!」と人懐こい笑顔を向けてくれるので、私としてはちょっとした癒しになっていたのです。

そんなある日のことでした。その日のシフトではお昼に上がることになっていたのですが、店長が一人分のお弁当を私に差し出してきました。

「香純さん、これお見舞いとして龍一くんに渡してきてほしいんだけど、大丈夫?本当は僕が行きたいんだけど、抜けられなくてね。なんならドアにかけておくだけでもいいよ」

渡された弁当の上に住所のメモが貼り付けてありました。そういえば、ここ数日龍一くんの姿を見かけません。特に急ぐ用事もなかった私は店長の頼みを聞き、彼の暮らしているアパートへと向かうことにしました。

*****

龍一くんが一人で住んでいるというアパートは、昔の団地を改装したような古い建物でした。部屋の前にたどり着くと、私はチャイムを押しました。しかし反応がありません。もう一度押してもやはり同じです。

一応、と思ってドアノブを回してみるとドアが開き、部屋の中が見えてしまいました。
玄関からすぐ見えるところにキッチンがある作りなのですが、そこには食べた後のお皿やら口の縛られたゴミ袋やらが積まれていました。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64338Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42419Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛30011Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28408Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27872Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27270Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22973Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20490Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19945Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18583Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る