それは教授の指示でした…

・作

大学三年生の歩美は、尊敬する高橋教授のゼミに入ることができて、学生生活を満喫していた。研究熱心な歩美はゼミ長でもあり、教授の手伝いをしていた。いつものように手伝いをしようとした歩美だが、その日に命じられたのは…!

「駅前に新しくできたカフェに行くんだけど、歩美も行かない?」

4限の講義が終わったあと、親友の麻子が声をかけてきた。

「う~ん、行きたいけど、今からみんなのレポート持って先生のところに行かなきゃ」

ぶあついファイルをチラリと見せながら答えると、

「また高橋教授?ホ~ント熱心なんだから」

と麻子は苦笑した。

「夢だったゼミに入れたんだし、ゼミ長の責任もあるし…また今度誘って!」

笑顔で答えると、荷物をまとめて教授室に向かった。

私は中澤歩美。大学三年生になったばかりだ。
一年生の頃から、三年からのゼミは高橋教授のものに入ると決めていた。
自分の著書を延々と読み続ける退屈な講義が多いなか、高橋先生のは違っていた。
体験談や余談も交えつつ、それでいて重要なポイントを外さない、興味のひかれる内容だった。

しかし、高橋先生は人気があるうえに、ゼミは少人数しか取らない方針なので、事前にはレポート試験があり、だいぶ人数が絞られた。
それに合格した私は上機嫌だった。

先生の人気の理由は、魅力的な講義だけではない。
ルックスが大いに影響していた。
細くて長身、ほんの少しの白髪混じり、銀縁の細い眼鏡、シャープな顎のラインと、やや低音の声。
クールでダンディーな紳士、というのがピッタリだ。

それなのになぜか独身。
一部では、バツイチだとかバツ2だとかいう噂もある。
美形だから浮気が激しくて奥さんに捨てられただとか、研究熱心すぎて実は奥さんに興味を持てなかっただとか、皆の憶測は勝手なものだ。

しかし、私にはそんなことはどうでもよかった。
先生の著書はすべて読んでいたし、その研究成果と授業の内容だけで、尊敬する気持ちはじゅうぶんだった。
崇拝に近いといっても過言ではない。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. お呼ばれの映画鑑賞会。なのに鑑賞されたのはまさかの私だった

    夢咲 花笑35574Views

  2. 出張マッサージをお願いしたら、来たのはまさかの元カレだった!?

    夢咲 花笑34421Views

  3. 私に執着する幼馴染の兄弟。やっと逃げられたと思ったのに

    夢咲 花笑27865Views

  4. 最高の恋の手引き

    十月夏葵24569Views

  5. 旅先の開放的な雰囲気の中で

    十月夏葵23157Views

  6. ビッチな妹が私の留守中に連れ込んだのはあいつ!わからせ3Pでお仕置きしてやりました

    まゆり22559Views

  7. 可愛く甘えてきていたはずのワンコな後輩は実際手の付けられない猛獣だった

    夢咲 花笑18927Views

  8. 地味な私を溺愛するわんこ系彼氏とのえっちな夜

    木沢17765Views

  9. 罪づくりの皇妃殿下

    甘乃実弥15441Views

  10. 両手にしごできイケメン。

    かぁゆ14775Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX 愛撫 クリ責め キス ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 胸きゅん 彼氏 言葉責め フェラ 年下クン 好きな人 年上の男性 ちょっと過激に 中出し スリル 挿入なし OL

すべてのタグを見る