淫らな復讐に堕ちる私…!

・作

派遣社員として勤務する私。直属の上司、三田課長は女性社員の憧れの的だ。でも私は彼が苦手だ。面倒な仕事ばかり押しつけてくるからだ。彼のそんな態度の理由はわかっていた。その日も彼は私に残業を命じてきたのだが、そこには罠が…!

「中野さん。悪いけど、今日中にこの資料を捜してきてくれないかな?」

三田課長が差し出したメモには、たくさんの書類が書き出されていた。
込み入った内容のものばかりで、資料室で捜し出すにはかなり時間がかかりそうだ。

「はい。ただ…もうすぐ6時になりますが…今日中でないといけないでしょうか?」

答えはわかっていたが、念のため確認してみる。

「明日の午前中に資料をまとめて、午後の会議で使いたいんだ。残業になって申し訳ないけど、お願いできるかな」

「…わかりました…」

私は足早に資料室へ向かった。

確かに、派遣会社での面接で「残業はOKです」と申し出た。
しかし、この会社に派遣されてからほとんど毎日、二時間近くの残業を命じられ、かなりのストレスが溜まっていた。

私は中野葉月、28歳。
派遣社員としてこの会社に勤務し始めて、3ヶ月になる。
結婚して三年の夫は、仕事はしなくていいと言ってくれたが、早くマイホームを建てたかった私は夫を説得して、働くことにしたのだ。

直属の上司、三田課長はスリムでハンサムだ。
温厚で真面目な性格、そして仕事もデキるので、女性社員の憧れの的だ。

でも私は課長が苦手だ。
定時近くになってから面倒な仕事を言い渡してくるのが、嫌でたまらない。

それでもじっと耐えるしかない理由が、私にはあった…。

*****

高校のとき、私は吹奏楽部に入っていた。
中学から始めた吹奏楽とフルートは、生きがいであり、青春だった。

その吹奏楽部はラフな雰囲気で、何人かのOBやOGがいつも出入りしており、指導してくれていた。

なかでも熱心に指導にあたってくれていたのは、トランペットのOBだった。
当時大学生だった彼は、週に1~2回は顔を出していた。

最初は熱心で親切な先輩なんだと思っていた。
でも、私にはだんだんその存在がウザったく思えてきた。

他の部員の見えないところで、モーションをかけてきたからだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57887Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49739Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38797Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32172Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22478Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19346Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18789Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15028Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13809Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る