代理バイトはやがて秘め事に…!

・作

急に出勤できなくなった親友の代わりに、一日だけ撮影会モデルを務めることになった私。最初は戸惑うばかりだったが、コスプレ撮影はだんだん楽しくなってくる。ところが撮影は予想外の展開に進み、そのまま雰囲気に呑まれていった私は…!

「それじゃ、ここに署名して…。はい、これでお仕事できます!」

撮影会の主催者、工藤さんが微笑んだ。

「それにしてもリカちゃんたら、こんな美人のお友達がいるなら早く紹介してくれたらよかったのに、ねえ?」

「え…いえ…私、こういうお仕事は…ホントに…全く…」

タジタジになりながら私は首を振る。

「なあに?まだ緊張してるの?大丈夫だよ、ただ撮影されるだけで、触られたりなんてしないから」

「ハイ…」

工藤さんはいつもこうなのか、ハイテンションな口調だが、私はまだここにいることすら落ち着かない。

「モデル名、モエちゃんとかどう?」

「あ、それでいいです」

「お客さんが来るまでちょっと時間あるから、部屋でゆっくりメイクでもしてて。あ、お菓子や飲み物は好きにつまんでいいからね」

工藤さんは私を小さな待機室に案内した。

*****

私は大学四年生の聡子。

今日、親友の知美に突然頼みごとをされた。

知美は親にも彼氏にも内緒で、『リカちゃん』として撮影会モデルのアルバイトをしている。
今夜は90分が2コマの予約が入っていた。

ところがその今夜、遠距離恋愛の彼氏が突然会いに来ることになり、急遽代理のモデルが必要になったというのだ。

「聡子、お願い!どうしても当日キャンセルできなかったお客さんがいて…」

主催者によると、今夜の撮影会のために遠方から来る客がいて、その人にだけ中止の連絡が間に合わなかったらしい。
他のモデルさんも、いきなり今夜の都合はつかなかったようだ。

「でも、その客は『リカちゃん』を撮りたくて来るんでしょ?私が行ってもしょうがないんじゃない?」

「それが大丈夫なの。その人は新規のお試しで、必ずしもリカじゃなくてもいいって。ただ、もう特急には乗っちゃって」

わざわざ特急に乗って撮影会に来る人もいるのか。
私にはわからない世界だ。

着エロというジャンルだし、ヌードになるわけではないから、と懇願され、仕方なく承諾した。
彼氏もいなくてどうせ暇だし、お金はもらえるし、何より親友が困っているのだ。
普段彼氏になかなか会えない知美の力になりたかった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56648Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46500Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21829Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21320Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20134Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14693Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13921Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12840Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る