お付き合いしている大学の先輩の家へ。勉強を教えてもらう約束が、問題を間違えるたびに彼がエッチなお仕置きをしてきて…

・作

お付き合いをしている大学の先輩が新しいマンションに引っ越し、遊びに行った乃愛。そのまま勉強を教えてもらうことになり、彼が問題を出題してくれることに。でも、問題を間違えるごとにエッチなお仕置きをされてしまい…。

お付き合いをしている由季(ゆき)先輩が、新しいマンションに引っ越した。

前に住んでいたマンションもいいところだったけれど、老朽化が進んだことで管理会社が急遽、取り壊しを決めたからだ。

大学3年という中途半端な時期での引越しになったけれど、私も少しお手伝いをして、やっとすべてが終わった。

「新しいお部屋も、綺麗ですね」

私が言うと、由季先輩が頷く。

「乃愛(のあ)も忙しいのに、本当にごめんな。助かったよ」

「いいんですよ。私もお役に立てて、よかったです」

私は、お邪魔します、と言いながらパンプスを脱いで室内に入る。

ほとんど新築に近い部屋は壁も天井もとても綺麗で、私は何度でも見回してしまう。

「それじゃあ、乃愛の課題をやっちゃおうか」

「はい」

大学に入学してからずっと憧れていた由季先輩と、お付き合いを始めて数ヶ月が経つ。

今までは憧れて、ただ黙って見ているだけだったけれど、大学2年生になった時に、思い切って告白したのだ。

先輩は私のことをとても大切にしてくれて、私が20歳になるまでエッチはしなかった。

もちろん私は初めてでとても緊張していたけれど、先輩は壊れ物を扱うように、ずっと優しくしてくれた。

私は由季先輩と二人きりでいると、いつも初めてエッチをした時のことを思い出してしまう。

身体の奥が熱くなって、ぎゅっと拳を握ってしまうのだ…。

「どうしたの?」

「えっ?」

気がつくと、由季先輩が私の顔を覗き込んでいた。

「何でもないです」

私は慌ててテキストを取り出すと、苦手な部分を先輩に見てもらう。

由季先輩は当たり前のように私を抱き寄せて、一つ一つ丁寧に教えてくれた。

「…ということで、こうなるわけ。じゃあ、この問題の答えはAとBどっち?」

「えーと、Bです」

「正解」

そう言うと、先輩は私の顎を軽く掴んで唇にキスを落とす。

「ん…」

「正解したご褒美」

不意を突かれて、私は顔を真っ赤にしてうつむく。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53807Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41690Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36833Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28524Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22041Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る