コスプレなりきりえっちで大胆に誘う姫とそれにこたえる絶倫騎士

・作

私と彼氏は大のコスプレ好き!しかも二人揃ってコスプレしたキャラクターになりきることが大好きだ。そんな私と彼とのえっちはいつもコスプレえっち。今日は彼の希望から姫と騎士のコスプレでえっちをすることになり…。大胆に誘う姫と絶倫騎士のえっちな一夜が開幕する。

私と彼氏の出会いはコスプレイベントだった。
それから連絡をするようになり意気投合して付き合うことになったのだ。

そんな彼とのえっちは毎回コスプレえっち!
しかもキャラクターになりきってえっちをする。
めちゃくちゃ楽しいし気持ちいいからこのプレイにハマってるんだ!

そんな私たちは今、煌(きら)びやかなラブホテルに来ている。
なぜなら今日のコスプレは彼の希望から姫と騎士をやることになっているからだ。
めちゃくちゃ楽しみ!
ちなみに姫の名前はアリス、騎士の名前はアーサー。
名前もキャラクターに寄せるのが私たちのルール!

「うっわ!流石のクオリティだね!」

彼の騎士姿のコスプレを見て思わず口から感想が出る。

「アリス様、一国の姫なんですから口調にはお気をつけください」

あ!そうだった。
着替えた瞬間から私はアリス姫で、彼はアーサー騎士なんだ。

「…ゴホン、申し訳ありません。貴方とこうやって逢瀬(おうせ)できることが嬉しくって…」

「それは私もですよ。姫様」

私たちはキスをした。
それはいつの間にか深いものに変わっていく。
彼は私の耳を手で塞ぎながら口内を責めてくる。

ぴちゃぴちゃと脳内に水音が響く…。

「ん、っふ、んちゅ」

口内と聴覚の刺激にアソコから水音がする。
こんなときアリス姫ならどうするだろう。
きっと彼女なら…。

私は煌びやかなドレスを捲り「私を食べてください…。アーサー様」と腰を振りながら強請(ねだ)った。

私の行動に彼がゴクリと唾を飲み込む。
そのまま彼が私のドレスの中に入り、ドレスを被せて元に戻される。

「え、アーサー様…?っひゃ…ぁ!」

彼の舌が私のクリトリスを舐める。
急な刺激に思わず声がでてしまう。
それに、見えないところからの刺激で次どうなってしまうかも分からない。

「姫様、侍女が入ってきますよ。だから声は我慢してくださいね」

そこに侍女はいないって分かっているのに、彼の言葉に私は口を手で塞ぐ。

「ん、っふ、ん、んぁ…」

「ほら、侍女が寝る前の紅茶を持ってきてくれたそうですよ。早く答えてあげないと怪しまれちゃいますよ?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66128Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40171Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28297Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28133Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27842Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25633Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22135Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20972Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18017Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る