2人の男に愛された夜

・作

7つ年下の愁(しゅう)と、1つ年上の元カレ祐弥(ゆうや)、2人と体の関係を持っているゆみり。離婚した寂しさを埋めてくれた愁に想いを寄せているけど、愁には同棲相手が居て…。2人の間で揺れるゆみりが大人の決断をした一夜をどうぞ。

私が思うに、愁はセックスが上手い。
肌が合うっていうのはこういうことなんだろう。

優しく髪を撫でてくれる手が、やがてゆっくりと身体に触れる。

「今日は何処がいいかな?」

少し低い声に、心臓が跳ねる。
顔が熱くなるのを感じる。

彼が触れる所全てが熱を帯びるように熱くなる。
気持ちが入るって、こういうこと。
何をされても、しても、全部良い。

「綺麗だよ」
という愁の言葉に、恥ずかしくなって顔を背ける。

「可愛い」
と髪にキスをされた。

時間が優しく流れていく。
私は愁に、包まれ、癒され、溶け合う身体の境目を見失いそうになる。
磁石のようにピッタリと合いそして離れない。
吸い付くような感覚に、うっとりと目を閉じる。

「ねぇ、愛してる…」
うわ言のように囁くと、愁は必ずキスをしてくれる。

「僕もだよ」
その一言を聞くだけで、いまだに身体が反応してしまうことを、恥ずかしくて愁には言えないでいる。
何度肌を重ねても、まるで初めてのように。
私は愁にときめいていた。

「もう時間だね、支度しないと」

薄暗い部屋の明かりをつけると、薄いオレンジ色だった天井が白に変わる。
私はその瞬間が何故か好きだ。

けれども、いつも少し寂さを感じる。
愁が帰ってしまうのが怖いから。

軽くシャワーを浴びて、メイクをなおしながらふと手を止める。

「キスするなら口紅は駄目よね?」
細い背中に問いかける。

「そうだな」
とそっけない返事が返ってきた。

少し迷ったけど結局口紅はつけなかった。
さよならのキスがどうしても欲しかったから。

手を繋いでホテルを出ると大きな月が2人を照らす。

「今夜も月が綺麗ね」
「君は本当に月が好きなんだね」

愁は私のことを名前では呼んでくれない。

さっきまで感じていたぬくもりが嘘のように、そんな些細なことが、いちいち棘となって刺さる。
私は気が付かないふりをして、愁の腕にしがみつく。

今夜もまた。
駅で別れたら、メッセージの返信すらないんだろう。

会いたいのはいつも私だけ。
愁からの連絡を期待して待つのは疲れるからやめた。

でもそんなこと、些細なことだろう。
だってベッドの中では、確かに愁は私を欲してくれるのだ。

ガード下をくぐって改札前で愁とキスをする。
待つ人がいる愁は、別れ際に名残を惜しむこともなく足早に去っていく。

ここでもう何度ため息をついたことだろう。
何度取り残されて立ち続けただろう。

毎週決まった曜日の同じ時間に、泣き出しそうな顔をして改札で愁を見送る私は、そのうち駅の名物になるかもしれない。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52882Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52235Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39256Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu32043Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22972Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22237Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21269Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19966Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18752Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18547Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る