同僚の性癖を偶然知ったら、オフィスで襲われちゃいました。

・作

大手広告代理店に勤める小桜てまりには、ハイスペックイケメンな同期がいる。人気者で世渡り上手、大口契約もバンバン取ってくるやり手営業マンの桜木シュウ。何かとてまりに絡んでくる彼に密かに憧れていたてまりだったが、告白なんてそんな勇気は持てないまま。そんな時、てまりは偶然彼の『秘密』を知ってしまい…

「桜木さん、今日もイケメンだよねぇ」

「一人だけ光り輝いてるわ」

「自然光すら味方につける男、さすが」

「ねぇ、さっきから意味分かんない」

昼休み、社食で同僚二人と話に花を咲かせる。今日の話題は、私の同期であるハイスペックイケメン・桜木シュウについて。

まぁ、今さっき歩いてるの見かけたからなんだけどね。

「てまりはさぁ、桜木君に興味ないの?」

「そうそう、結構仲いいですよね?」

「別に仲よくないよ。ただの同期ってだけだし」

「だって桜木君だよ?イケメンだし背高いし、スーツだってブランドものじゃん?時計もいいのしてるし。ジム通いしてるらしいから、脱いだら絶対いい体してるよあれは」

「凄いチェックしてるんだね…」

「そりゃあ、みんな隙あらば彼女の座狙ってるわけだし、情報収集は欠かせないですよ」

「てまりは、もし桜木さんにいい寄られたらどうするの?」

「そんな、ありえない話」

「もしもよ、もしも!」

「受けないよ」

「嘘、フッちゃうってことですか!?」

「てまり、あんた正気!?」

ただの「もしも話」なのに、なぜか二人は私を非難するような顔で見てくる。

「ちょっとやめてよ。そもそも、そんなこと絶対ありえないから」

「いいじゃん、妄想くらい」

「ねぇ?」

「もう…いいから食べよ?」

「はーい」

「あ、そういえばさぁ」

無事話題が逸れたことに、私は内心胸を撫で下ろす。

例に漏れず、私も桜木ファンの一人。新入社員研修の頃優しく気遣ってくれた彼に、コロッと落ちた。

でも、恥ずかしくて何となく周りにはいえない。みんなキャーキャーいいながらも、どこかで芸能人を見てるような感じだから。

あんな人に私なんかが本気になってるなんて、とても話せなかった。

「小桜さん」

ポンと肩を叩かれ振り向くと、そこには桜木君本人。

「さ、桜木君。お疲れ様」

「今日は何食べてるの?」

「日替わりランチだよ。今日、エビフライだったから」

「ふぅん、好きなんだ?」

「うん、好き」

「じゃあ、俺もそれにしよ」

「えっ?」

「ううん?じゃあね」

爽やかに去っていく後ろ姿に、目の前の同僚二人はハートを飛ばしながらキャアキャア騒ぐ。

「ほらやっぱり、てまり先輩に気ありますってあれ!」

「ないでしょ…ただ食べてるもの聞かれただけだよ」

「羨ましい〜、私も聞かれたい〜!」

「私もーっ!」

…聞いてないな、私の話。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52815Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52189Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39241Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31979Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22971Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22215Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21256Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19945Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18746Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18518Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る