一度だけ抱いて、お兄ちゃん

・作

真子(マコ)は兄である大和(ヤマト)のことがずっと好きだった。大和が結婚を考えていると親伝いに聞いた真子は、ある夜大和の部屋を訪れ「一度だけ抱いてほしい」と懇願する。禁断の恋に、終止符を打つ為に。

「家族」だと思ったことなんて、一度もない。初めて会った時から今日までずっと、私は彼のことが好きだった。

それは、異性として。

「ねぇ、大和。私のこと抱いてくれない?一回だけでいいから」

唐突に訪れた大和の部屋は、随分と殺風景だった。彼は私よりもひと足先に社会人になり、来週にはこの家を出ていく。

大学三年生の私と、毎日忙しく働く大和。同じ家に住んでいても時間が合わず、顔を合わせる機会もぐっと減った。

「寂しい」なんて、言えなかった。だって私は、ただの妹だから。

高校に上がる頃には、大和に彼女が居ることに薄々気付いていた。そしてそれがいつも、長続きしないことも。

大和の一番の理解者は私だと、タカを括っていたのかもしれない。彼がずっと傍にいてくれると、自惚れていた。

「大和、結婚したい子がいるんだって」

母親からそう聞いた時、目の前が真っ暗になった。彼が私以外の人を選ぶなんて耐えられないと、そう思った。

だけどそれは、仕方のないこと。

「妹」は「恋人」にはなれない。

「は?なに言ってんの真子。酔ってる?」

大和は私の肩を押しながらへらりと笑う。

「酔ってないよ。本気だから」
「いやそれアウトだろ」
「でも私達、血なんか繋がってないじゃん」

もう一度、彼に顔を近づける。大和の綺麗な顔が一瞬戸惑うのを、私は見逃さなかった。

「来週には居なくなるんでしょ?」
「ずっと実家に住んでらんねぇだろ」
「彼女と一緒に居たいから?」

大和は、何も答えない。私はその形のいい唇に、強引にキスをした。

「おい、真子…っ」
「大丈夫。今家には私達以外誰も居ないから」
「そういう問題じゃ…っ」

分かっていた。大和が絶対に、私に乱暴しないということを。昔からそうだった。口ではキツいことを言いながら、丁寧に優しく扱ってくれた。

それがどれだけ嬉しくて、辛かったか。

「ん…真子…ちょ…っ」

唇を重ね合わせるたび、リップ音が部屋に響く。大和が息を吸い込んだタイミングで、口内に舌を滑り込ませた。

「ん、ん…っ、は…っ」
「まこ…っ、ダメ…っ、んっ」

初めて耳にする、大和の艶やかな声。

これが最初で最後なんだと思うと、今すぐに泣きたくなった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64052Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42351Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29952Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28127Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27739Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27250Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22927Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20444Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19902Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18502Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る