草食系後輩は私にだけ狼になる

・作

食品系商社に勤務する伊藤小春は、ニつ年下の後輩久松春(ひさまつはる)の教育係をしている。彼はいわゆる草食系男子で、いつもやる気がなさそう。ガツガツした人がタイプの小春は、いつも社内の色んな肉食系男子に恋をしていた。そんなある日、彼と二人きりで残業をすることになり…

「久松君、これ営業部に渡してきてくれるかな。大切な書類だから、必ず手渡しでお願い」

「はい」

私よりずっと背の高い久松君は、私を見下ろしながらそれだけ言って去っていく。

相変わらず今日も、めんどくさそうな顔をしながら。

私、伊藤小春はさっきの彼、久松春の指導係をしている。ここ総務部は覚えることも多く、締日前なんて特に忙しい。

久松君は私より二つ年下で、仕事のスピードは至って普通。多分、やる気を出せばもっとできる子なんじゃないかと私は思う。

「小春と春なんて、名前似てるねぇ」

「はぁ」

最初のそんな会話で撃沈した私。どうやら彼はそういうタイプらしい。髪も長めで背中も丸まってる。綺麗な目してるし、背も高くて手脚も長いのにもったいない。

でも彼だけじゃなく、最近の若い子ってこんな感じなんだと思う。マイペースというかガツガツしてないというか。いわゆる草食系男子というやつだ。

そんな久松君だけど、決して悪い子ではない。一見やる気はなさそうだけど、私が指導したことを素直に吸収してくれる。

以前彼がミスをしたことがあったんだけど、その時も飄々(ひょうひょう)としていて一見気にしていないように見えた。だけどなんとなく、落ち込んでいる気がしたから。

「久松君、これあげる」

「なんですかこれ」

「ケーキ屋さんのラスク。これ私、大好きなんだ」

「それを何で俺に?」

「久松君いつも甘めのカフェオレ飲んでるから、お菓子も好きかなって」

にっこりと笑いながら言うと、彼は何故か不思議そうな顔をしてジッとラスクを見つめている。

「ありがとうございます、伊藤さん」

「いいよお礼なんて。また何か買ったらあげるね」

「…はい」

確か私はその時初めて、ほんの少しだけど彼が笑った顔を見た気がする。

可愛いなって、思ったっけ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55661Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45304Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35622Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23864Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22972Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22719Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20218Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17139Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17125Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る