旦那からお願いされて裸エプロン姿で過ごすことに!?

・作

多忙な会社に勤める旦那。疲れ切っている旦那へのご褒美に1つお願いを聞くことに。そんなご褒美当日の週末の朝、夫からフリフリのエプロンを渡されて「1日裸エプロンで過ごして欲しい」とお願いされ…?旦那と過ごすあまあまでトロトロな1日が始まる。

多忙な会社に勤める旦那の雄太。
そんな旦那と過ごす時間は週末の休みしかない。

私も昔働いていた場所だから、その多忙も理解している。
だからこそたまの休みにご褒美として1つ雄太からのお願いを聞くことにしている。

そんなご褒美当日の週末の朝。

「これ、何…?」

「ん?エプロンだけど」

「これをどうしたら…?」

「今日1日、裸エプロンで過ごして欲しい!」

「え?」

差し出されたのはフリフリのピンクエプロン。
し、しかも裸エプロン…。

「じゃあ着替えてきてよ!」

そう言って背中を押す雄太に無理矢理寝室に入れられる。
え、本当に着替えるの?
そう思いながら振り返るが、雄太は手を振りながら扉を閉めてしまった。

「まじか…」

観念して今着ているパジャマを脱ぎ、フリフリのエプロンだけを身に着ける。
これって逆に目の毒じゃないのかな…?
少し不安になりながらリビングの扉を開ける。

「っお!いいじゃん!」

雄太が抱き着きながら褒めてくれる。
抱きしめている手がいやらしく動く。

「ちょっと!」雄太の手を叩き、キッチンへ向かう。

「ケチ」

「ケチじゃない。朝ごはんまだでしょ?お腹空いてない?」

「んー、空いてる」

「じゃあすぐ作っちゃうね」

裸エプロンで料理するのは恥ずかしいけど、もっと激しいプレイもしたことあるしと自分に言い聞かせる。
少しスースーしながらも朝ごはんを作り始める。

慣れない中料理をしていると、後ろからいやらしい手つきで脚を撫でられる。
その行為に思わず「っひゃ!」と声がでる。

「も、もう!あっちで大人しく待っててよ」

「えー…だってこんな絶景があるのに手を出しちゃいけないの?」

「料理中だからダメです」

「なら美緒は料理したらいいじゃん。俺は美緒を堪能するだけだから」

「え?」

雄太はそう言うと、エプロンの隙間から胸を責め始めた。
少しムキになった私は料理を再開する。

「そうそう。美緒は料理しててね」

ニヤニヤ笑う旦那に少しイラつきながらも手を動かす。
それは雄太の手も同じことがいえるわけで、乳首をカリカリと責め始めた。

「ん、ふあ…!ん」

「声でてるよ?ほら、料理に集中しないと!」

料理に集中しろっていわれたって、私の弱いところばかり責められたら…。

「んぁ!もう、ひう!!」

完全に私の手が止まる。
それとは反対に激しく責める雄太の手。

乳首をカリカリしたり、つねったり、揉んだり、様々なやり方で責めてくる。
その圧倒的なテクニックに私はついに絶頂を迎えてしまう。

「んあああああ!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57705Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49413Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38729Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32126Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22425Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19315Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18757Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14998Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13761Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13088Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る