別れよう…と行為中にいったら彼に曖昧にされてしまった?!

・作

彼と付き合って3年、結婚を意識しだした私。なにもアクションを起こしてこない彼に焦り、自分から別れを告げる。セックスの行為中に別れを切り出された彼は…事後に実力行使に出た!クールダウンした私の肌が、再び熱を帯びはじめ…

「ね、ねぇ…ゎ、私たち…もっ…ゎか…れよ…ぁぁ…」

「あっ、別れる…ぅっ、ま、待て…」

ケンとは25のとき知り合って、3年付き合っている。

サリは結婚を視野に入れ、ケンと付き合っていた。

しかし3年、ケンからのアプローチはない。

後、数カ月もすれば、4年目に入る。

ケンのことは好きだが、結婚する気のない人とこのまま付き合ってることになると、行き遅れる。

思ったが吉日?

サリはケンと盛り上がってる最中に別れを切り出した。

「っくっ…」

スキン越しにケンの吐き出した熱を感じ、サリはクタリと身体の力を抜きベットに身を沈める。

隣からガサガサ、と処理をする音がして、処理が終わりボスンッとケンが横になった。

「ん、で…さっきサリ、変なこといったか?」

「んん、変なことはいってないけど…」

「んじゃ、俺が出すとき聞こえたのは、そら耳か?」

「別れようっていったけど」

行為が終わり、いつもの甘い時間…

今日のサリはケンの腕を枕に、別れの言葉を告げる。

愛しそうに黒髪を撫でていた、ケンの手がピタリと止まった。

「ほぅ、それはどういうことかな…」

ヤバい…行為中&事後にいう言葉ではなかったと、サリは後悔した。

「えっ、だって私たち、もう3年だよ」

「知ってる」

髪を撫でていた手が危うい動きをしながら胸に到着して、サリの乳輪をユルユルと指でなぞる。

サワサワと背を這(は)う感覚に、サリはやめてよ、会話中じゃない、と咎(とが)めてもケンは弄ることを止めなかった。

ケンは腕枕の腕を寄せ、サリに口づけをする。

頭を抱えられ固定されたサリは、逃げることもできずに、ケンにされるがままになった。

キスと乳輪のソフトタッチの戯れに、クールダウンしたはずの熱がまたサリの身体を火照らせ始める。

「ずるぃ…」

「なにが?」

「こうやって、曖昧にして…」

「ん、そんなこと…」

ユルユルと胸で遊んでいた指がスルリと、先程までケンの肉棒を飲み込んでいた淫口に到着する。

クチャクチャと指で弄ばれるたびに淫靡な音が聞こえ、ケンの指使いに激しさを増した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53802Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41668Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36828Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28523Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22037Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る