彼に煙草の煙を吹きかけたら…

・作

彼、ヒサシの仕事が忙しくて久しぶりに会ったマナミ。彼は相当ストレスを溜め込んでいたようで、普段あまり吸わない煙草を吸っていた。マナミもヒサシに会えなくて彼不足になっていたが、自分からいい出すのが恥ずかしく、彼が吸っていた煙草を奪い、煙を彼の顔に吹きかける。ヒサシもマナミの意図を理解して…

彼の仕事が一段落したらしい。

2週間ぶりに私は彼、ヒサシの部屋に行って休日を過ごす。

久しぶりに会うのだから、外でデートと思わなくもなかったが、彼に何したい?と聞くと、マナミの料理が食いたいとリクエストされ、ヒサシの部屋でまったり過ごすことになった。

「やー、美味かった!忙しすぎて、ロクにメシも食えなかった」

ヒサシは大袈裟にそういい、私の作った料理を平らげ満足そう。

「一本いい?」

余程、仕事でストレスが溜まっていたのか、ベランダに向かって行き、たまに吸う煙草に火をつけた。

「仕事、大変だったんだね」

「ああ、ストレスで煙草を吸う回数が増えた…でもま、忙しいのも終わったからまた徐々に回数を減らしていく」

私もベランダに出て、指に挟んだ彼の煙草をひょいと奪い、軽く口に含んで顔に吹き付けた。

「ストレス解消なら煙草じゃなくって、他のことしよ?」

前にSNSであがった、江戸時代、煙草の煙を相手の顔に吹きかける行為は、“今夜お前を抱く”という意味があるらしい。

ヒサシもその意味を知っている。

「今夜まで待てない」

そういって私の肩を抱き寄せキスをした。

部屋に入り、ベッドに行くあいだにも舌を絡めながらキスは続いていた。

お互いの服を脱がし合い、ベッドにたどり着くときには、生まれたままの姿になっていた。

もつれ込みながら、ベッドに倒れ込み、それぞれの身体を弄りあう。

「ああ、もう濡れてる…」

「女だって男を欲しいと思うときもあるのよ」

「だから煙草の煙を?」

「言葉にするのは恥ずかしかったから…ぁ…それに私もヒサシ不足でストレス溜まってたから…ぁん…」

ヒサシの片手は私の淫らに湧き上る液で潤った秘部をグチュグチュと掻き回す。

もう片手は胸を捏(こ)ねながら固く立ち上がった蕾を口で吸いながら舌も使い、私の性感を高めさせる。

「煙草よりも、マナミに吸い付くほうが落ち着くな」

「ストレス溜まって、吸いたくなったら、いつでも言って」

「こっちの蕾もいいが、ここの蕾も吸い付きたい」

胸から口を離し、身体の向きを変え、私の秘部の蕾にむしゃぶりつく。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな54343Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49836Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38836Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも29642Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22502Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉18152Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu16859Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15036Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13127Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13120Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る