中性的なカレ

・作

出会った頃から髪が長く、フワリとした服を着ていて性別不明だったタクミ。男性が苦手だったミアは、はじめは女性?と思ったが男性だと知っても嫌悪感がわかなかった。そんな2人は少しずつ距離を縮め付き合うことに!普段は温和な彼も行為のときはいじわるで…

「髪伸びたね」

「もうすぐ切ろうかと思って」

サラリと、ミアはタクミのストレートの髪を指で梳(す)いた。

知り合った頃は肩ぐらいの長さだった髪は今では腰近くまで伸びている。

着ている服は、外国の民族衣装で1枚の大柄な布をフワリと被り、顔は中性的で、ぱっと見ると背の高い女性かと思うような容姿をしていた。

男性が苦手なミア。

だけど、知り合ったときからタクミにはその嫌悪感はなかった。

少しずつ、2人の距離は近づきつい最近、恋人同士になった。

「いい?」

サラリとタクミの髪がミアの顔をサイドから覆い、肉厚の唇が彼女の口に重なる。

軽いキスからどんどんとエスカレートしていき、部屋には2人の息づかいと水音だけがあった。

唇の感触と舌使い、それだけでミアはトロトロに溶かされていく。

唇が離れるときには、ミアの瞳は潤んでいて、その先を期待する色が浮かび上がっていた。

「ここがいい?それともベッドで?」

蛍光灯が煌々と輝くリビングのソファーの上、ミアは寝室でと掠れた声で答えた。

ここでもいいのに?いたずらっ子のような笑顔でタクミはいうが、彼が初めての人。

未だになれない行為に、ミアは真っ赤になり、プルプルと左右に顔を振る。

可愛いといって、タクミがミアを抱き上げ寝室へと向かった…

*****

彼の愛撫は優しいが、いつも長い。

はじめの頃はそんな彼の気づかいが嬉しかったが何回も肌を重ねていくうちに、ミアはじれったいと思うようになっていた。

しかも、ミアは生まれたままの姿だが、タクミは未だに着衣したままで、彼女の身体を弄んでいる。

胸を丁寧に愛撫された後、今はミアの中心部に顔を寄せ、舌と指でその大切な中心部をトロトロにさせていた。

「ぁっ、ああ…も、もういいから…イッちゃうから…」

「イッていいよ、ちゃんと解さないと、俺のを挿れたら痛いだろ?」

「も、う…大丈夫だから…タクミ…ぁあ…キテ!」

「キテ?じゃないだろ…そういうときは何ていうかちゃんと教えただろ?」

「…ミアの…トロトロ…ぉ、…こ、こに…タクミ…の太いのぉ…挿れて…くださぃ…」

普段優しく柔軟な態度のタクミ。

この頃のタクミはセックスのときは意地悪になる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75112Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44244Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25776Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24341Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22889Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21663Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19672Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19535Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18491Views

  10. しおこ15843Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る