Hなモニター体験

・作

亜香里は友人に電子機器モニターのバイトを紹介される。高額の報酬に釣られて行ってみると、それは大人の玩具のモニターだった。マジックミラー越しに開発者に見られながら、モニター品を使ってオナニーを強いられる亜香里。そして想像を絶する玩具が亜香里に襲いかかる…!

案内されたのは全面鏡張りのモニタールームだった。

それがマジックミラーだということは素人の亜香里にもわかる。

ダブルサイズのベッドだけが置かれた6畳ほどの小部屋。

ベッドには掛け布団すら用意されていない。

白い小さな箱が、枕元にちょこんと置かれているだけだ。

この箱の中身が、これから自分が使用するモニター品だと亜香里は思った。

「モニターナンバー025、小松亜香里さん。本日はよろしくお願いいたします」

天井に設置されたスピーカーから、開発スタッフの声がした。

「…あ、はい。よろしくお願いします」

「それでは開始してください」

亜香里はベッドに腰掛けると、ショーツを脱いだ。

「あの…服は着ていていいんですよね?」

「はい。脱ぐのは下着だけで構いません。しかし、使用中の様子が我々に見えるように、スカートは腰まで上げてください」

「…わかりました」

亜香里は言われた通りにタイトスカートをたくし上げる。

少しひんやりとしたシーツが、直接尻に触れた。

「もう少し脚を開けますか?」

スピーカーから再び声がした。

金のためと割り切っていても、自分の陰部を晒すことには少なからず抵抗感がある。

それでも物腰の柔らかいスタッフの声が、亜香里を次第に従順にさせていった。

「このくらいでいいでしょうか?」

亜香里は膝を立てたまま脚を大きく広げると、そのままベッドに背中を落とした。

「OKです。それでは約束のお時間までモニター品をお試しください。もし、わからないことやモニター品にトラブルがあった場合はお声がけくださいね。ではお願いします」

亜香里は大きく深呼吸すると、枕元の小さな箱に手を伸ばした。

箱の中には、男性のペニスそっくりのバイブレーションが入っていた。

*****

「いいバイト紹介しようか?」

大学の友人にそう言われたのは1週間ほど前だった。

「電子機器メーカーのモニター」と聞いて、最初はピンとこなかった。

「美顔器やマッサージ機器の新商品を試して、感想を言うだけの簡単なバイト」だと言われてから、なんだか面白そうだと亜香里は興味を示した。

なにより2時間という拘束時間に対して、とんでもなく報酬がいい。

こんなにおいしいバイトは他にないと、さっそく友人に紹介してもらった。

それが「大人の玩具のモニター」だと知ったのは、面接も登録も終えた後のことだった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵44466Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44154Views

  3. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月42786Views

  4. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田39919Views

  5. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも36541Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ28398Views

  7. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ26166Views

  8. いい旅、いいお湯、いいオジサマ?

    十月夏葵22354Views

  9. ワンナイトでクセになりそうなほど攻め立てられてしまいました

    アオイチョウチョ20698Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18953Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る