教育実習の再会、ふたりきりの資料室

・作

教育実習生の藤崎香苗は、母校の高校で憧れの元担任の桐島龍一と再会する。募る思いが抑えきれず、放課後、資料室で二人きりになると香苗は龍一に告白をしてしまう。最初はからかうなと苦笑いしていた龍一だったが、香苗の本気の気持ちに自分を抑えきれなくなって……。

「お疲れ様です、桐島先生」

「はい、お疲れ様、藤崎さん」

桐島先生と再会するのは数年ぶりだ。
母校に教育実習生として赴くことが決まって、一番楽しみだったのは先生と再会することだった。

私は桐島先生が好きだ。ずっと昔から。

「あ、この資料、資料室に返すやつですか?私返しておきますよ」

「そんな悪いよ、俺がやっとく」

「ふたりで持っていきましょう。男性でもひとりじゃ大変そうですよ、これ」

「そう?悪いな」

やった。ふたりきりになる口実ができた。
私は心の中でガッツポーズをする。

資料を持って、廊下を並んで歩く。
廊下の窓から、部活動に勤しんでいる後輩たちの姿が見える。

「藤崎さんは陸上部だったよな」

「覚えていてくれたんですか?」

「うん、よくここから走っているの見てたよ」

「……嬉しい」

私がどれだけ嬉しいか、桐島先生には伝わっていないだろう。

資料室には桐島先生が先に入って、私はドアを閉めるとき、ついでにこっそり鍵を閉めた。

「よし、片付け終了」

「…あの、桐島先生」

「ん、どうした」

「お話が…あって」

「…職員室では言いにくい話か?」

「はい…」

「そうか」

桐島先生は机の下から椅子を二脚、引き出して、座り込んだ。

「聞くよ」

優しい笑顔に胸が高鳴る。

「あ、あの、私…私、先生のことが好きです」

ストレートに言ったのは、他にどう言っていいかわからなかったからだ。
桐島先生は目を見開いた。

「…藤崎さん」

「好き、なんです。ずっと、今も!」

「…大人をからかっちゃいけないよ」

ああ、この人にとって私はまだ生徒なんだ。

「もう、私、ハタチになりました。もう大人です!」

「藤崎さん…」

「先生、好き…」

じっとその目を見つめていると、その目の中に迷いが見えた。

「俺は…」

桐島先生が迷っている。
私は思いきってその胸に抱きついた。

「先生!」

「…藤崎さん」

その声は低く、何かを含んでいた。

大きな手が私の背をさする。
私は桐島先生の顔を見上げた。
その目はまだ揺らいでいた。

私はその頬に手を添えた。

桐島先生が目を閉じて、顔を近付けてくる。
私も目を閉じた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72381Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37693Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25614Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る