教育実習の再会、ふたりきりの資料室

・作

教育実習生の藤崎香苗は、母校の高校で憧れの元担任の桐島龍一と再会する。募る思いが抑えきれず、放課後、資料室で二人きりになると香苗は龍一に告白をしてしまう。最初はからかうなと苦笑いしていた龍一だったが、香苗の本気の気持ちに自分を抑えきれなくなって……。

「お疲れ様です、桐島先生」

「はい、お疲れ様、藤崎さん」

桐島先生と再会するのは数年ぶりだ。
母校に教育実習生として赴くことが決まって、一番楽しみだったのは先生と再会することだった。

私は桐島先生が好きだ。ずっと昔から。

「あ、この資料、資料室に返すやつですか?私返しておきますよ」

「そんな悪いよ、俺がやっとく」

「ふたりで持っていきましょう。男性でもひとりじゃ大変そうですよ、これ」

「そう?悪いな」

やった。ふたりきりになる口実ができた。
私は心の中でガッツポーズをする。

資料を持って、廊下を並んで歩く。
廊下の窓から、部活動に勤しんでいる後輩たちの姿が見える。

「藤崎さんは陸上部だったよな」

「覚えていてくれたんですか?」

「うん、よくここから走っているの見てたよ」

「……嬉しい」

私がどれだけ嬉しいか、桐島先生には伝わっていないだろう。

資料室には桐島先生が先に入って、私はドアを閉めるとき、ついでにこっそり鍵を閉めた。

「よし、片付け終了」

「…あの、桐島先生」

「ん、どうした」

「お話が…あって」

「…職員室では言いにくい話か?」

「はい…」

「そうか」

桐島先生は机の下から椅子を二脚、引き出して、座り込んだ。

「聞くよ」

優しい笑顔に胸が高鳴る。

「あ、あの、私…私、先生のことが好きです」

ストレートに言ったのは、他にどう言っていいかわからなかったからだ。
桐島先生は目を見開いた。

「…藤崎さん」

「好き、なんです。ずっと、今も!」

「…大人をからかっちゃいけないよ」

ああ、この人にとって私はまだ生徒なんだ。

「もう、私、ハタチになりました。もう大人です!」

「藤崎さん…」

「先生、好き…」

じっとその目を見つめていると、その目の中に迷いが見えた。

「俺は…」

桐島先生が迷っている。
私は思いきってその胸に抱きついた。

「先生!」

「…藤崎さん」

その声は低く、何かを含んでいた。

大きな手が私の背をさする。
私は桐島先生の顔を見上げた。
その目はまだ揺らいでいた。

私はその頬に手を添えた。

桐島先生が目を閉じて、顔を近付けてくる。
私も目を閉じた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56645Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46500Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21829Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21319Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20126Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14692Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13919Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12840Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る