一夜のあやまちは画面の向こうに

・作

失恋してバーで酔い潰れていたアラサー鹿内翠。彼女が出会ったのはどこか見覚えのある年下イケメン。酔った勢いのままにホテルに入っていた。翌朝、目が覚めると彼はもういなかったが、テレビをつけると、画面の向こうに彼の姿が…。

浮気されてた。終わってしまった。破局した。アラサーの失恋は辛い。次を探すのがおっくうになる。

行きつけのバーでバカみたいにお酒を飲んでいると、さすがにそろそろこの辺にしてくださいよ、とマスターにたしなめられた。

はあい、とろれつの回っていない返事をして、立ち上がると、背後を通った男の子にぶつかってしまった。

「ご、ごめんなひゃい…」

謝罪の言葉すらままならない。

人として我ながらどうかと思う。

私の体を支えながらこちらを見下ろす年下っぽいイケメンは、どこかで見覚えがある気がした。

常連さんだろうか?

「…大丈夫ですか?」

足腰がろくに立たない私に苦笑しながら、彼が私を運んでくれる。

「あー、ケン君。ごめんね。翠さん、俺がどうにかするから」

「ああ、大丈夫。マスター。表でタクシー拾うよ」

「そう?悪いね」

彼はケン君、というらしい。

ケンくんに引きずられるみたいにして、バーの外に出た。

そしてそのままケン君は私を引きずるようにして、連れて行ってくれた。

あれ、タクシー?タクシー呼んでくれるんじゃなかったっけ。

フラフラする頭でそのまま彼について行ってしまった。

 

「翠さん…翠さん」

「ん…」

目が覚めるとフカフカのベッドの上だった。

ダブルベッド。薄暗い照明。

「ここ…」

「ホテル」

ケン君がにっこりと笑った。

そっかあ、ホテルかあ。

「ホテル!?」

慌てて起き上がる。服装はやや乱れた普段着のままだった。

「…ホテル…?」

「おはよ」

おはよう、と言われたけれど、時計を見るとまだ日付が変わったくらいだった。

「…ええっと、ええっと…」

「大丈夫?飲み過ぎだよ、翠さん」

「わ、私の名前…」

「マスターが呼んでたよ」

言われてみれば、そんな気もする。

「タクシー捕まらなくて、連れ込んじゃった」

最近の子ってこうなの?

いや、私がお堅すぎるの?

「ね、翠さん。俺、翠さんが起きるまで我慢してたよ、偉いでしょ?」

「え、偉いです…あ、ありがとうございます…」

可及的速やかにホテル代をお支払いして帰ろう。

そう思ってベッドから立ち上がろうとした私の体を、ケン君は押し倒した。

「…だからご褒美、ちょうだい?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72387Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37699Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25615Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る