美人女教師の秘密 ―脅迫に感じる体―

・作

香坂美月は、私立男子高の女教師。美人だが厳しく近寄り難い、と生徒からは敬遠されていた。そんな毎日の中で、彼女の唯一の秘密を真面目で評判のいい同僚教師・朝井に知られてしまい…初めは嫌々だった彼の気持ちよすぎる悪戯に、美月は逆らえなくなっていく。

「先生、さようなら」

「さようなら」

私の横を通り過ぎていく男子生徒たちに、挨拶を返す。

「マジで綺麗だよな、香坂先生って」

「でもキツくね?俺パス」

「バッカ、見た目だけの話だって」

男子高校生の内緒話ほど、無意味なものはない。それとも最初から、声を抑えるつもりなんてないのか。

職員室への道すがら、私は今日何度目になるかわからない溜息を吐いたのだった。

私立男子高の、自他共に認める綺麗な女教師。

そう言えば聞こえはいいけど、実際男子高でよかったと思うことなんて一つもない。

思春期特有の気持ち悪い下ネタ、ニヤニヤした視線。夏になってちょっと薄手の服を着ようものなら、学年主任に注意される。

教え甲斐もないし、私を頼りにしてくるような可愛げもない。若い女だからというだけで、初めから舐めてかかるクソ生意気なガキ。

もちろん真面目で接しやすい生徒もいるけど、比較的偏差値の低いこの高校ではそんな生徒は圧倒的に少ない。

現国教師になって一年目はオドオドしていた私も、五年目の今となってはすっかり「怖くて堅物の女教師」と言われるようになった。

本当の私とは、違う。だけどこの方が、圧倒的に仕事がやりやすかった。

 

「美月ちゃん!」

不意に背後から呼ばれて、振り返る。私を学校でそう呼ぶのは、たった一人しかいない。

「瀬川君」

目が合うと、人懐っこい笑顔を見せる瀬川悠二君。今年入学した一年生で、私のいとこだ。

「美月ちゃん」

ニコニコしながら、もう一度私の名前を呼ぶ。

「もう、学校では先生だって言ってるのに」

口頭では注意しても、内心は嬉しかった。

「そうだった。へへ、ごめんね」

あぁ、なんて可愛いんだろう。悠二君がここに入学すると聞いた時、神様っているんだと本気で思った。

私と十歳違いのいとこは、私の好きな人。

もうずっと、前から。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60172Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42305Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37018Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25812Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23939Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18876Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17474Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16607Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る