美人女教師の秘密 ―脅迫に感じる体―

・作

香坂美月は、私立男子高の女教師。美人だが厳しく近寄り難い、と生徒からは敬遠されていた。そんな毎日の中で、彼女の唯一の秘密を真面目で評判のいい同僚教師・朝井に知られてしまい…初めは嫌々だった彼の気持ちよすぎる悪戯に、美月は逆らえなくなっていく。

「先生、さようなら」

「さようなら」

私の横を通り過ぎていく男子生徒たちに、挨拶を返す。

「マジで綺麗だよな、香坂先生って」

「でもキツくね?俺パス」

「バッカ、見た目だけの話だって」

男子高校生の内緒話ほど、無意味なものはない。それとも最初から、声を抑えるつもりなんてないのか。

職員室への道すがら、私は今日何度目になるかわからない溜息を吐いたのだった。

私立男子高の、自他共に認める綺麗な女教師。

そう言えば聞こえはいいけど、実際男子高でよかったと思うことなんて一つもない。

思春期特有の気持ち悪い下ネタ、ニヤニヤした視線。夏になってちょっと薄手の服を着ようものなら、学年主任に注意される。

教え甲斐もないし、私を頼りにしてくるような可愛げもない。若い女だからというだけで、初めから舐めてかかるクソ生意気なガキ。

もちろん真面目で接しやすい生徒もいるけど、比較的偏差値の低いこの高校ではそんな生徒は圧倒的に少ない。

現国教師になって一年目はオドオドしていた私も、五年目の今となってはすっかり「怖くて堅物の女教師」と言われるようになった。

本当の私とは、違う。だけどこの方が、圧倒的に仕事がやりやすかった。

 

「美月ちゃん!」

不意に背後から呼ばれて、振り返る。私を学校でそう呼ぶのは、たった一人しかいない。

「瀬川君」

目が合うと、人懐っこい笑顔を見せる瀬川悠二君。今年入学した一年生で、私のいとこだ。

「美月ちゃん」

ニコニコしながら、もう一度私の名前を呼ぶ。

「もう、学校では先生だって言ってるのに」

口頭では注意しても、内心は嬉しかった。

「そうだった。へへ、ごめんね」

あぁ、なんて可愛いんだろう。悠二君がここに入学すると聞いた時、神様っているんだと本気で思った。

私と十歳違いのいとこは、私の好きな人。

もうずっと、前から。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62993Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43514Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35234Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34439Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27289Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22160Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20312Views

  8. 二度目の初体験

    月島満20011Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19955Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19782Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る