執事と奥様の淫らな昼さがり

・作

旦那が出張に行っている奥様はいつも退屈。それを埋めるように、執事との関係は徐々に淫らに激しくなっていく。カーテンと鍵を閉めた密室で、執事は奥様をクンニで慰めながら、その体を徐々に自分のものへと堕としていく。

「本、飽きたわ」

昼さがり、奥様のその言葉はいつもの合図だった。
私はカーテンを閉めて回る。
そして最後に奥様の私室の鍵を内から閉めた。

「整いました、奥様」

「ええ」

奥様は気怠げにソファの端に体を預けた。
私は奥様の前にひざまずく。

奥様のロングスカートの中に頭を突っ込む。
スカートの中の奥様の陰部は裸だった。
ショーツを履かずに私を待ち受ける淫らな奥様に、私の股間は早くもそそり立つ。

私は奥様の蜜口をつつとなぞるように舐めた。

「ん…」

布越しに聞こえる色っぽい声に、私の股間が脈打つ。

上の唇で奥様のクリトリスを軽く押す。

「そこ…もっと…」
「はい」

舌で隠れたクリトリスを濡らしてやると、徐々にそこは立ち上がってきた。

「奥様のクリトリス、赤く腫れ上がって参りましたよ」

「そう…」

冷静な風を装っているが、奥様の蜜口からは愛液が止めどなく溢れてきていた。
私はそれがスカートにしたたり落ちる前に吸い上げる。

「ジュルッ」

「あんっ!」

太ももが跳ねて、私の肩を押す。
愛液を堰き止めるように、私は奥様の蜜壺の中に舌を突っ込んだ。

奥様の中はヒクヒクと私の舌を迎え入れた。
奥様の入り口のすぐ近く、腹の方を舐め上げる。
ザラザラとした感触を私の舌は楽しむ。

「はうっ…だめっ…」

奥様のだめはイイということだ。
私は舐め続ける。

舌には愛液がとめどなく押し寄せてくる。
さすがに限界を感じて私は一度それをすべて飲み込んだ。

「ごくん」

「ああっ…」

羞恥をはらんだ奥様の声は私の股間を苦しめた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72398Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38236Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25619Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24161Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る