執事と奥様の淫らな昼さがり

・作

旦那が出張に行っている奥様はいつも退屈。それを埋めるように、執事との関係は徐々に淫らに激しくなっていく。カーテンと鍵を閉めた密室で、執事は奥様をクンニで慰めながら、その体を徐々に自分のものへと堕としていく。

「本、飽きたわ」

昼さがり、奥様のその言葉はいつもの合図だった。
私はカーテンを閉めて回る。
そして最後に奥様の私室の鍵を内から閉めた。

「整いました、奥様」

「ええ」

奥様は気怠げにソファの端に体を預けた。
私は奥様の前にひざまずく。

奥様のロングスカートの中に頭を突っ込む。
スカートの中の奥様の陰部は裸だった。
ショーツを履かずに私を待ち受ける淫らな奥様に、私の股間は早くもそそり立つ。

私は奥様の蜜口をつつとなぞるように舐めた。

「ん…」

布越しに聞こえる色っぽい声に、私の股間が脈打つ。

上の唇で奥様のクリトリスを軽く押す。

「そこ…もっと…」
「はい」

舌で隠れたクリトリスを濡らしてやると、徐々にそこは立ち上がってきた。

「奥様のクリトリス、赤く腫れ上がって参りましたよ」

「そう…」

冷静な風を装っているが、奥様の蜜口からは愛液が止めどなく溢れてきていた。
私はそれがスカートにしたたり落ちる前に吸い上げる。

「ジュルッ」

「あんっ!」

太ももが跳ねて、私の肩を押す。
愛液を堰き止めるように、私は奥様の蜜壺の中に舌を突っ込んだ。

奥様の中はヒクヒクと私の舌を迎え入れた。
奥様の入り口のすぐ近く、腹の方を舐め上げる。
ザラザラとした感触を私の舌は楽しむ。

「はうっ…だめっ…」

奥様のだめはイイということだ。
私は舐め続ける。

舌には愛液がとめどなく押し寄せてくる。
さすがに限界を感じて私は一度それをすべて飲み込んだ。

「ごくん」

「ああっ…」

羞恥をはらんだ奥様の声は私の股間を苦しめた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵44479Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44163Views

  3. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月42792Views

  4. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田39919Views

  5. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも36552Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ28399Views

  7. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ26174Views

  8. いい旅、いいお湯、いいオジサマ?

    十月夏葵22375Views

  9. ワンナイトでクセになりそうなほど攻め立てられてしまいました

    アオイチョウチョ20715Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18953Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る