おかえりとただいま

・作

付き合うようになってもう三度目の夏を迎えた。会社の休みの日に彼のアパートで帰りを待つのが定番だ。彼の帰りを待つこの時間がとても心地よかった。彼が息を切らしながら玄関のドアを開ける……彼は優しく微笑むとぎゅっと私を抱きしめた。

その日、葵はエプロン姿でアパートの狭い台所に立っていた。葵は囃子を掛けながら、キャベツに包丁を入れた。慣れた手つきで千切りにしていく。トントントンと軽快な音が部屋の中に響く。

葵はめずらしく平日に休みが取れた。料理をしながらテレビをつけていても、週末とは違う番組ばかりが放送されており、特別な休日のような気がしてならない。

葵はコンロで火をかけていた鍋の蓋を開けると、おたまで中身をすくい上げて味見をした。ネギとうす揚げの味噌汁だった。隆史の大好きな具の組み合わせだ。付き合って約三年、互いの食べ物の好みもわかるようになった。

「よし、隆史好みの出汁が効いた感じ!」

さっき刻んだキャベツをサラダボールに盛り付けて冷蔵庫に入れると、葵はソファーに腰掛けた。

しばらくして玄関で鍵を開ける音がした。隆史だ。葵はこの瞬間がたまらなく好きだった。私たちは結婚しているわけではないけれど、愛おしい人の帰りを待つというのは、とても心が躍る。玄関を開けると、隆史は部屋をのぞいて葵の姿を探した。

「ごめん!遅くなった!」

「おかえり。全然いいよ、お疲れ様」

葵が出迎えると、隆史は嬉しそうに破顔した。カバンを床に置くと、葵をぎゅっと抱きしめた。葵の首に顔をうずめて、五感で葵を堪能している。隆史の息が肌に当たり、くすぐったくて仕方がない。

「ちょっと……ん、も、もう……ごはん準備しなきゃ」

「葵……もう一回言って?」

「何を?」

「おかえりって、もう一回言ってくんない?」

隆史は葵の下唇を指でなぞると、目を細めて葵の言葉を待った。思わず吹き出しそうになりながらも、葵は囁くように「おかえり、隆史」と言った。

隆史は襟元をゆるめると、葵にキスをした。突然の激しいキスに、葵は立っていられなくなる。元ラガーマンの隆史はそんな葵を片腕で支えながら、容赦なく葵の口内を犯す。舌が絡まり合い一つの生き物のようにうごめいた。

息が苦しいのが心地よく感じてしまうのは、私の身も心も隆史のものになったからだろうかと、ぼんやりする頭で考えていた。

隆史は器用に腰のあたりで結んでいたエプロンの結びをほどくと、葵のお尻から太腿を撫でる。葵の顔が歪むと申し訳なさそうに呟く。

「ごめん、晩飯より……葵を先にもらう」

「え?あ…ん、もう……」

隆史は葵を横抱きして、ベッドへと運ぶ。隆史の腕はすでに熱く、燃えるような体温だった。興奮しているのはお互い様だった。葵も隆史のキスの時点で、自分の奥から愛液が浸みだしているのを感じていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62913Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43419Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35187Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34428Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27268Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22135Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20300Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19998Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19949Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19729Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る