あなたの旦那、借りてます

・作

旦那に隠れてベランダで煙草を吸うのが習慣になっている。あるとき、隣のベランダで同じく煙草を吸う人影が…それはお隣のご主人だった。他愛もない話をしているうち、徐々に仲を深める2人は、ついに一線を越えるのだった。

ふぅー…。

深く煙を吐き出し、ベランダの手すりにもたれかかる。

今日も疲れた体に煙草が染み渡る。

―――

ここは都内の高層マンション。

旦那は一流企業の部長補佐。

一方の私は、週3日パートに出ているが、後はずっと家にいる、ごく普通の主婦。

このご時世、なんて贅沢なご身分だと言われるかもしれない。

しかし、私の心はいつまで経っても満たされない。

旦那は激務で毎日帰りが遅い。
それに加えて機嫌が悪い。
私はご機嫌を損ねないよう、上手く立ち振る舞うことに徹する日々。

パート先の人間関係も煩わしい。
そんなに人の家庭事情が気になるのかしら?
正直、放っておいてくれないか。

東京に来て5年。
友達と呼べる人はほぼいない。
旦那は話を聞いてくれない。

寂しい。

孤独。

助けて…。

そんな時だった。
ベランダで彼と出会ったのは。

退屈な毎日に嫌気がさし、煙草で寂しさを誤魔化すようになった私は、夜になるとよくベランダに出ていた。

ある日、隣のベランダにも同じく煙草を吸いに出てきた人がいた。

お隣のご主人だ。

私は慌てて煙草の火を消して、部屋に戻った。
旦那にバレたら面倒なことになるのは目に見えている。

その後も、度々ベランダで鉢合わせることが多くなり、毎回避けるのにも無理が出てきた。

その日は諦めて、煙草を吸いきることにした。

―――

偶然か必然か、私が煙草を吸う度にお隣のご主人はベランダに出てきていた。

お互い、存在には気付いている。

次第に気まずく感じていたのは私だけだろうか。

「煙草、吸われるんですね」

突然、声をかけられた。

もう逃げられない…か。

「えぇ…、でも主人には黙ってていただけませんか?」

「もちろんですよ。安心してください」

「近藤…さんも、吸われるんですか?」

「いえ、僕は風に当たりに来ているだけで…」

ハハッ、と乾いた笑い声に続けて、

「在宅勤務なもので、家にこもりっぱなしはどうも息苦しくてね…」

この日を境に、近藤さんとベランダで鉢合わせる度、煙草を1本吸い終わるまでの短い時間ではあるが、世間話をするようになった。

毎日満たされない思いを抱えていた私にとって、このベランダでの時間はとてもかけがえのないものになっていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72342Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38227Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37683Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26872Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26291Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25603Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24155Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19904Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る