すれ違い夫婦の日課

・作

私の旦那さんは平日夜のニュースのキャスター。昼間勤務している私とはずっとすれ違いの生活。朝起きれば彼は寝ているし、彼が起きると私は出勤しているのだ。そんなすれ違いの私たちのお楽しみは、毎週土曜の朝にやってくる。

『こんばんは。今日のニュースをお伝えします』

金曜の23時、画面の向こうにはスーツをピシッと着て真剣な顔をした彼が、難しいニュース原稿を読んでいた。

一方私は、風呂上がりにTシャツ1枚でソファに寝そべり、アイスを食べている。

この相反した2人が夫婦なんだから、不思議なものだ。

 

彼は平日の夕方出勤して帰宅は2時近いことも。

一方の私は朝の通勤電車に揺られての会社通い。

平日はお互い寝顔しか見ていないという、完全なすれ違い生活を、もう数年過ごしている。

ま、私は毎晩ピシッとキメた彼の仕事姿を見るのが日課なのだけど。

はぁん…今夜もカッコイイじゃない。

 

24時、ニュースが終わると、

「おやすみ、ダーリン」

私は画面越しの彼に話しかけてから寝室へ向かう。
これも日課。

ただし、今日は金曜日。
いつもの平日とは違うのだ。

私の胸はドキドキと高鳴り、早くそのときが来ないかと体が熱くなり、なかなか寝つけなかった。

―――

チュッ。チュッ。チュパッ。

なんだか顔周りがくすぐったくて目を開ける。

するとそこには馬乗りになった彼がいた。

「おはよう、ハニー」

チュッ、と軽いキスを落とす。

彼の低い声はドキドキする。
特に、こんなシチュエーションでは。

「しょーちゃん、おはよ」

私は彼の首に腕を回し、今度は自らキスをおねだりする。

すると彼は私に応えるように、柔らかい唇ではむはむと、何度も何度も優しいキスをする。

カーテンの隙間からは朝日が差し込んでいた。

近所の子供の声もする。

「しょーちゃん、今何時?」

「9時を過ぎたところだよ」

こんな会話をしつつも、私たちはお互いの唇を離そうとせず、あむあむと聞き取りづらい会話をするのである。

どちらからともなく、舌が侵入する。

それを互いの唾液が混じり合うほどに激しく絡め合う。

これが、私たちすれ違い夫婦の土曜の朝。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52755Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52119Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39192Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31831Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22953Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22183Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21227Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19931Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18723Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18463Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る