夜勤から帰ってきた彼が、これから出社する私に「エッチしたい」と誘ってきて…

・作

彼氏のハルと同棲している侑芽(ゆめ)。ハルは仕事の都合で夜勤をすることがあり、日勤で働いている侑芽とはすれ違いになることもある。ある時、夜勤から帰ってきたハルが、これから出社しようとしている侑芽に「エッチしたい」と言う。侑芽が「夜ね」と断ると、強引に…。 

ハル君が帰宅したのは、私が朝食を食べ終えてメイクをしている時だった。

私がすばやく眉だけ描いて玄関まで彼を迎えると、彼は今にも倒れそうなほどに足元をフラフラさせている。

「ハル君、夜勤お疲れ様」

「ありがと」

今にも消え入りそうな声でそれだけ言うと、ハル君は靴を脱いでバスルームへと直行した。

彼は仕事の関係で夜勤をすることもあり、日勤で働いている私と入れ違いの時間に帰宅してくる。

シャワーを浴びたハル君はいくらかサッパリしたような表情になり、歯を磨きながら朝食には何があるのかと訊ねてきた。

「ご飯とおみそ汁と、おかずには焼き魚があるよ。それが胃に重いようだったら、グラノーラに牛乳をかけて食べてね」

「わかった」

メイクを終え、バッグの中身を確認して家を出ようとすると、ハル君が後ろからそっと抱きついてきた。

「もう行くの?」

「うん。早く帰ってくるから、夕飯はハル君の好きなものを作るね」

ハル君は頷きながら、私の耳たぶにキスをする。私は彼の方に向き直って、ミントの香りのする唇に優しく口付けた。

いってらっしゃいのキスをすると思ったから、まだグロスは塗っていない。

「じゃあ、行ってくるね」

そう言ってパンプスに片足を入れようとした瞬間、ハル君に抱え上げられてしまった。

「え、ちょっとハル君?」

戸惑っていると寝室のベッドにすとんと降ろされ、ハル君がTシャツを脱ぎ出す。

「侑芽。五分で終わるから、しよ?」

唐突なエッチの誘いに、私は慌てて首を横に振った。いくら早くエッチを終わらせるにしても、遅くなればなるほど電車は混雑してしまう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57825Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49630Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38745Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32167Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22446Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19337Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18779Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15014Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13799Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る