俺が好きになったのは親友のカノジョ

・作

俺が一目惚れした女の子は、よりによって親友の彼女だった…。3人でつるんでいるうちに、俺の想いは募るばかり。今日、アイツは出張でいない。2人きりのこのチャンス、逃してなるものか…!俺は思い切った行動に出る…!!

初めて彼女を見たとき、すごくキラキラして見えたんだ。
その瞬間、俺は恋に落ちていた。

だがしかし、数日後、俺は親友から死の宣告を受ける。
あの日のキラキラしていた彼女を連れて、

「これ、俺の彼女、みちる。翔、よろしくな」

俺の恋心はガラガラと崩れ落ちる。
…訳がなかった。

最初は一緒にいられるだけで楽しかった。
3人でつるんでいるのも悪くない。
みちると一緒にいられるのなら。

―――

ある日、アイツが出張だとかで駅まで車で送って行った。もちろん、みちるも一緒に。

アイツは1泊すると言っていたな。
このチャンス、逃してなるものか。

「みちる、今日この後予定ある?」

「ないよー、ヒマヒマ。どっか行く?」

「じゃあさ、俺がイイトコロに連れてってやるよ」

「まじ?やったー!楽しみー!」

助手席で無邪気に笑うみちるを横目に、俺はホテル街へと車を走らせた。

次第に、みちるも街並みの変化に気付きはじめる。
「ねぇ…どこに行くの…?」

「言っただろ?イイトコロだよ」

俺はまっすぐ前を向いたまま答える。

―――

そして俺たちは今、ホテルの部屋にいる。

みちるだって、逃げようと思えば逃げられたはずだ。
それなのに、今、俺と一緒にいる。
こんなチャンスは二度とないだろう。

「ここまで来て何もしないなんて…言わないよな?」

みちるは下を向いたまま、黙ってコクリと頷いた。

「こっち向いて?」

俺はみちるの手を取り、俺の左胸に当てる。

「俺はみちるといられてこんなにドキドキしてるんだ。みちるはどう?」

「私も…ドキドキしてるよ…」

そう言って俺の手を取り、自身の左胸に当てる。
俺と同じか、それ以上に速い鼓動を感じる。
そして、ふっくらとした膨らみも…。
俺は生唾をゴクリと飲み込んだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33162Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27591Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27580Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23796Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23309Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20138Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14119Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13863Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12932Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12610Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る