満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

・作

いつもの満員電車で痴漢に遭遇する私。恐怖で声が出せずにいると、痴漢行為はエスカレート。指を入れられ胸を揉まれているうちに不覚にも感じてしまい、もう少しでイキそうに…。寸止めで駅へ到着すると、なんと!いきなり腕を引っ張られて公衆トイレへ閉じ込められてしまい…?

「ドアが閉まります。ご注意ください」

はあっ…!はあ…っ!乗り遅れちゃうよ~!

ドアが閉まると同時に、私は電車へ体を滑り込ませた。

ギリギリセーフだ。

朝の8時。

人をパンパンに乗せた電車が各駅をまわっていく。

大量の人が乗り降りする度に、まるで雑巾絞りのようにめちゃくちゃに押されるのは、慣れてるとはいえ辛い。

これほどの混雑状況下ではまったく身動きがとれないので、ただ目を閉じてこの辛さをしのごうとした、その時。

私はお尻に変な感触を感じた。

それは、スカートの上から誰かに触られているような感覚だ。

なにこれ…?誰かのカバンが当たってるのかな…?ちょっと気持ち悪い。

しかし、それがカバンではないことを数秒後に知ることになる。

「ひゃっ…」

小さな悲鳴を上げたのは、その「カバンのような何か」が私のスカートをめくり、パンティの上からお尻を撫でてきたからだ。

円を描くように、ゆっくり、ゆっくりとお尻の凹凸を楽しんでいる…。

これって…もしかして痴漢!?

そっと周囲をチラ見する。

周りは男の人ばかりで、どの人も怪しく見えたが特定はできない。

どうしよう…怖いよ…。

私の微妙な変化を察して興奮したのか、お尻を触る手が徐々にいやらしくなっていく。

痴漢の体験談を見たことがあるが、みんな口を揃えて「声を上げることができない」と言っていたっけ。

私も例外ではなく、ただただこの手がこれ以上動かないことを祈るばかりだった。

しかし、そんな願いも虚しく、ざらざらとした太い手がやがてクリトリス付近へ伸びていく。

いやっ!誰か、助けて…!

クリトリスを電車の揺れにまかせて愛撫する痴漢。

「あっ…あああっ…」

そして、無情にも指は膣の中を這い…。

「きゃ…っ…」

さらに太い指が1本、膣を出し入れする。

「はっ…あああ…」

いつの間にか声が漏れていたのか、隣の男の人が私を迷惑そうにチラ見する。

私は口をつぐんだ。

助けて欲しいけれど、こんな恥ずかしいことをされているなんて知られたくない。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53803Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41679Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36833Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28523Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22037Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る