奥手な彼と初めて結ばれる半年記念日の甘々な夜

・作

付き合って半年経っても一向に手を出してくれない彼。「どうして抱いてくれないの?」思わず想いが口から溢れて…!こんなに彼がエッチだったなんて聞いてない///私の不安を溶かしてくれる彼の甘々エッチにドキドキが止まらない。

「どうして抱いてくれないの?」
英理の最近の悩みは付き合って半年になる涼介が一向に手を出してくれないことだ。

もう何度もお互いの家を行き来はしている。
今日こそは抱いてくれるんじゃないかと可愛いランジェリーを身に着けては期待を裏切られる日々にうんざりしていた。

今回の旅行は涼介が半年記念日だからと提案してくれたものだった。
今日こそはと期待に胸を膨らませて夜を迎えた英理に涼介が放ったひと言はあまりに残酷だった。

「そろそろ寝ようか。」
もう限界だと思い
「どうして抱いてくれないの?」
と気づけば口から想いが溢れていた。
涼介の驚いた顔を見て、今日でお別れかと悲しくなった。

え?今涼介に抱きしめられてる?
気づけば涼介の腕の中だった。
「英理が可愛すぎて大切にしたくて我慢してた。そんなに可愛いこと言われたら、俺ももう限界。いいよね?」

英理が返事をするより先に雄の顔をした涼介に押し倒されていた。
「涼介!?ちょっと待って!」
「待たない。散々我慢してたのにもう待てない。」
涼介はそう言うと英理に深いキスをした。

「あ、あん…んん…」
「キスだけで感じてるの?そんなんじゃこの先もたないよ?」
キスに夢中になっているといつの間にか服を脱がされていた。

「可愛い。俺のために選んでくれたの?勿体無いけど脱がすね。」
器用にランジェリーを脱がされ、一糸纏わぬ姿にされ、思わず胸を隠そうとした英理の腕を涼介が引き剝がす。

「可愛いおっぱい。もっと気持ちよくしてあげるね。」
「んん…ダメ…」
「ダメじゃないでしょ?乳首舐めただけでこんなに下もトロトロになっちゃってるよ。」
「言わないで…恥ずかしいから涼介も服脱いで?」
鍛え抜かれた腹筋にドキドキする。

「おちんちん触ってもいい?」
上下に動かすと涼介が顔を歪める。
「涼介の大きいね…」
ビクッ…反応が素直で可愛い。

英理は思わず微笑んだ。
「もうそろそろ入れたい」
「私も涼介のおちんちん欲しい…んんん…あぁ…んんん…」
「痛くない?ちゃんと気持ちいい?」
腰を動かしながら優しく頭を撫でてくれる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉32570Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉29187Views

  3. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27379Views

  4. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢22550Views

  5. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵22402Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな21739Views

  7. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも14946Views

  8. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ13914Views

  9. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな13860Views

  10. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13709Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る