立場逆転、かつての社員に調教されて堕ちていく私…

・作

私の経営する会社の社員だった聡。虐めて楽しんでいたはずなのに、聡の独立を機に立場は逆転。仕返しのように調教を進められていく内、私は聡に抱いていた本当の気持ちを見透かされ堕ちていく。かつてとは違う形で、聡の傍にいられる幸せを噛み締めていた。

こいつにだけは負けたくなかった。
でも私は今、こいつに逆らうことは出来ない。

こいつの名前は聡。
私の経営する会社の元社員だった男だ。
中性的なイケメンではあったが、軟弱で仕事も要領が悪い。
そんな聡を、私は奴隷にように扱い、時には虐げていた。

だがある時、聡は私の会社を突然退職し、同業種の新会社を立ち上げたのだ。
私の元から突然去るだけでなく、敵の立場になった聡のことが許せなかった私は、全力で聡の会社を潰しにかかった。

しかし…潰される運命にあったのはどうやら私の方だったらしい。
聡が退職するまで順調だった私の会社は今や負債まみれ。
このままでは倒産するしかない。
でも今の社長としての生活を手放すことは私には出来なかった。

そんな時、聡から持ち掛けられた提案。
『1年間、聡に絶対服従の奴隷として生きること』
そうすれば、この会社を助けてもらえるということだった。

「お帰り。今日もお疲れ様でしたねぇ社長」

仕事が終わるなり、私は聡の家を訪ねる。
今や会社と聡の家の往復ばかりで、自宅に戻ることはほとんどなくなってしまった。
大きな窓の前で、景色を楽しみながらワインを飲む聡の前で私は正座をする。

「ただいま戻りました。…聡様」

こいつに様を付けて呼ぶなど、考えられなかった。
でも今はこうするしかない。

「やれやれ。まだ分からないのか」

聡はため息をつきながら床を指さした。

「ちゃんと頭を下げてご挨拶しなきゃダメでしょ?社長は僕の可愛い奴隷なんだから」

屈辱的だった。
こんな奴の命令に従わないといけない自分が情けない。
でも逆らうことは出来なかった。
悔しさに唇を噛み締めながらも、私は頭を下げて謝罪する。

「申し訳ありませんでした…っ」
「はい、よく出来ました。じゃあ次は何をするか分かるよね?」

その言葉を聞いた途端、背筋が凍る。
私はゆっくりと顔を上げ、聡の顔を見上げる。
その綺麗な顔からは感情を読み取ることが出来ない。

「…はい…」

震えた声で返事をし、私はショーツを脱いでスカートをたくし上げ、四つん這いになる。
そして聡の前に尻を突き出し、自ら秘部を広げて見せた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72301Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38215Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37672Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26853Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26275Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25593Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24152Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20450Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19880Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17563Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る