セラピストに夫婦生活の相談をしていたはずなのですが

・作

夫婦でのセックスについて悩みのある人妻・チカは性のセラピストを名乗る男性に個室のカフェで相談をすることにした。砕けた雰囲気につい心を許してしまったチカはセラピストの催眠術にかかってしまい、そのまま…

「実は、夫にマグロって言われまして…」

私はため息をつきながら、目の前にいる焼けた肌の男性に話した。

ここはカフェの個室だ。パーテーションとカーテンで部屋が区切られており、外からは見えないし、会話もほとんど外に漏れない作りになっている。テーブルの上には二人分のアイスコーヒーが並んでいる。

「ふむふむ。チカさんには何か思い当たる原因はありますか?」

男性は東間(あずま)といって、ネット上で主に活動する性のセラピストと名乗っていた。それだけだとうさん臭いが、会わずにメールのやり取りをしばらく続ける中で、真摯に回答してくれたり実際に会うことを強く要請してくることもなかったのでチカは少しだけ警戒心を解いて会ってみることにしたのだった。

本人は35歳と言っていたがそれよりは少し若く見える。肌は日焼けしているがやんちゃな印象ではなく、服装もシンプルなポロシャツにカーゴパンツ、アロマネックレスが一つだけと清潔感がある。

明らかに年下のチカに対しても敬語で、物腰も柔らかかった。

「去年、夫の転勤で知り合いも全くいないこの土地に引っ越してきたんですけど、なかなかなじめなくて…そのストレスでしょうか…」

「それは確かにストレスでしょうね。それで、旦那さんにはそのことを分かってもらえてますか?」

「どうなんでしょう…。仕事から帰ってくると疲れているみたいですし、あまり口数も多くないのでよく分かりません」

夫は、いわゆるサラリーマンである。残業も多く休日出勤も多いが、給料はそこそこ良いほうだ。しかし、家では不機嫌そうにしていることが多い。

「なかなかね、コミュニケーションを取れない相手とセックスしても気持ちよくはなれないものですからね」

この程度の話はメールでしたこともある。東間は、運ばれてきて以来そのままになっていたアイスコーヒーを私に勧めてきた。その手を見れば、指はしなやかで爪はきれいに切りそろえられていた。

「でも、話をしようとしてもなかなか聞いてくれなくて…私もうどうしたらいいのか…」

「そんな状況でセックスだけしようなんて、旦那さんもたいがい鈍感だね~。ある意味ではマグロだよ」

東間の言葉に、チカは思わず笑ってしまった。まさかこんな風に言われるとは思っていなかったのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57786Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49536Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38744Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32149Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22431Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19328Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18774Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15006Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13780Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る