愛されすぎて…

・作

ミキとカズヤは付き合い始めて半年のラブラブカップル。ところがある日、ミキが同じゼミの男友達と親しそうに話しているのを見て、猛烈に嫉妬したカズヤ。ミキがどんなに謝っても許してくれない。「何でもするから許して」と訴えるミキに、カズヤはある提案をしてきて…。

「なあ、ミキ。アイツとはどういう関係なんだよ」

カズヤと付き合って半年になるが、こんなに怖い顔を見るのは初めてだ。

「だから、言ってるでしょ。同じゼミの友達だって」

私はため息をついた。

今日は二人とも講義が1コマで終わりだから、一緒に帰ってラブラブな一日を過ごす予定だった。
それなのに、小講義室に私を迎えに来たカズヤは不機嫌になった。
キャンパスを出てカズヤのこの部屋に着くまで、一言も口を聞いてくれなかった。

今ようやく口を開いてくれたものの、とても不機嫌だ。
どうも、迎えに来たときに私が話していた男友達との仲を疑っているようなのだ。

「ゼミが同じだと、あんなに仲良くなるわけ?アイツ、ミキのことつついてたぞ」

う~ん、しつこい。

「うちのゼミ、10人しかいないから、かなりアットホームなの。特に中川クンは気さくで…誰にでもあんな感じなんだよ」

「ふ~ん…中川クン、ねぇ…?」

同じ大学でもカズヤは学部が違うので、約束しなければ、キャンパス内で会うことは少ない。
知らないことは気になるのだろう。
ゼミの雰囲気も全く違うのかもしれない。

「とにかく、今ミキの顔見たくない。付き合い始めたとき言ったでしょ?俺、けっこうヤキモチやきだから気をつけて、って」

「それは覚えてるよ。だから私、カズヤがヤキモチやくようなこと、何もしてないよ」

必死に訴える。

いつも優しいカズヤがこんなに怒ったのは初めてだ。

私は何も悪いことしてないのに…。

理不尽だと思いつつ、早く機嫌を直してほしい。
カズヤのことが好きで好きでしょうがないんだと、改めて痛感した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53812Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41702Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36833Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28526Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22041Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14260Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る