有紀の本営ちゃん日記~ホスト葵~

・作

初めて行ったホストクラブで、ナンバー1を目指す葵を指名するようになった有紀。「嘘をつかない」約束を守る葵の誠実さにひかれつつも、スパイシーすぎる刺激に心を痛める日々。そんな刺激に満ち溢れた2人の一夜をどうぞ。

「ナンバー1目指したいから、それまで彼女は作らない」
そう言った彼が何故か誠実な気がしてしまって。
初めて行ったホストクラブで葵を指名し始めてから半年。

「有紀のお陰でナンバー1になれたよ❤次は、グループ内でも1位を目指したいんだ」
葵の笑顔に、頷くしかなかったのが4ヶ月前。
3ヶ月前に家の鍵を貰って、今日は料理をして彼の家で待ってるはずだったのに…。

扉を開けた途端、ふわっと甘い香り。
洗面台に並べられた歯ブラシ。
机の上にはスワロフスキーのついたピンクのライター。

(「彼女」じゃないなら、嘘はついてないもんね)

ひとつ嘘をつかれると、「またかな」って不安になるから。
私は葵に「嘘をつかないで」って言った。
そのせいか葵は、誤魔化したりはぐらかしたりはするけど、私に嘘はつかなかった。
…少なくとも、嘘だと感じさせることはひとつもなかった。
だからこそ、私も葵との約束は守った。

「飾りボトルを入れて、バースデーはタワーでお祝いしよう」
約束で縛られた2人の関係。
葵のためにって思って、昼と夜の掛け持ちで頑張って来たけど。

立ち止まると心が凍えちゃうから。
見なかった振りをして。
そっと心を閉ざす。

「着いたよ待ってるね♪ご飯作ってからシャワー使うね」

メッセージを送って寝室に向かった。
寝室のシーツとカバーを洗濯するために。

*****

「有紀ぃ~❤ただいまぁ」
後輩の奏汰君を従えて帰宅した葵は、いつにも増して陽気だった。
そして今日も、私のすさんだ心を癒す破壊力のある王子様スマイルは健在だ。

「葵、結構飲んだ?」
「今日の営業、えぐかったんですよ。明日店休日だからテキーラねって」
奏汰君が申し訳なさそうな顔をする。

「そうそう、たぁくさん飲んだんだよ~!」
葵は手を振りながらお風呂に向かう。

「有紀さん待ってるからって、まっすぐ帰って来たんで、許してあげてください」

(自分で「ご飯食べたい」って言ったんだもんね)
葵の心配が真っ先に出てこない自分に驚いた。

「あっ、奏汰君、お茶でも淹れようか」
奏汰君に声を掛けてみたけど。
「いえ、帰ります。俺、まだ命は惜しいんで」
と断られてしまった。

「命は惜しいって(笑)」
「だって葵さん、有紀さんのことホントに大事にしてるから」
「え~っ、そんなに大事なら、女の子の忘れ物部屋に置いておくなって言っといてよ!」
「それはホラ、スパイスですよ。スパイス」
「ちっとも嬉しくないんですけど!」
奏汰君は凄い。
あんなにブルーだったのに、心が少し軽くなった。

「有紀さん、俺帰るんで。おやすみなさい」
奏汰君は逃げるように帰ってしまって、お風呂場のシャワーの音がやけに大きく感じられた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66158Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22168Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20988Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18054Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る