えっちなサンタコスチューム

・作

私の彼氏はかなりのムッツリだ!どれくらいムッツリかというと、いつもは下ネタすらいわないのにセックスするとなれば無言でえっちな下着とかを渡してくる。そんなとってもムッツリな彼氏と家でのクリスマスパーティー中に突然プレゼントを渡される。中身を見るとそこにはえっちなサンタのコスチュームが入っていて…

「これ、クリスマスプレゼント!」

そういって彼が突然渡してきたのは、えっちなサンタコスチュームだった…。

私の大好きな彼氏の稔はかなりのムッツリだ。
いつもは下ネタの一つもいわないのに、セックスするとなれば無言でえっちな下着とかを渡してくる。
まぁ…別に嫌なわけじゃないけどさ。

私だってそういうことはシたいし…。

でもこういい雰囲気を作るとかもっとあるでしょ!

「稔…、コレって」

「うん!サンタコス!絶対ミクが着たらエロカワだなって思ってつい買っちゃった」

「そ…、そう」

私は若干引きつつも「ありがとう」と受け取り、サンタコスを端っこの方に置こうとした手が止まる。

「今着てよ!」

「え?」

「せっかくのホワイトクリスマスなんだしさ、いいでしょ?」

そう今日はクリスマス、そのうえ雪が降っていて綺麗。
こんな日は彼氏とラブラブしたいと思うのは私にもいえることで…。

「…分かった。じゃあそこで大人しく待っててね」

「もちろん!」

彼はそう返事をすると、満面の笑みを浮かべてチキンにかぶり付いた。
今夜のキスはチキンの味がしそうで少し笑っちゃった。

*****

うわ。
着てみたはいいけど、このサンタコス丈は短いし胸は少し透けてる。
かなりえっちな衣装で少し恥ずかしいけど彼とのセックスのせいで慣れてきちゃったな。

━ガチャ
「稔~、お待たせ」

私がドアを開け、パーティーをしていたリビングに入ると稔は私を凝視してくる。

「ちょ、そんな見ないでよ。これでも恥ずかしいんだからっ!」

「…えっろ」

彼が小さく呟くと私の所まで歩いてくる。
そして私の手を引っ張って、私がさっきまで着替えていた寝室に戻された。

「え、っちょ!」
━ドサ

彼は私の制止を無視しベッドに押し倒す。

「もう!性急すぎるよ…」

「だってミクがエロ可愛いのが悪い」

「これを着せたのは稔だけどね」

「それは置いといて…。可愛いサンタさん、いい子にしてた俺にプレゼント頂戴」

語尾にハートがついてるような話し方に、少しだけアソコから水音がした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 王様ゲームで4Pセックスしちゃった話

    まゆり76786Views

  2. 箱入り娘な私が、執事に調教されるなんて…

    甘乃実弥34352Views

  3. 眼鏡を取った彼は別人のように私を抱く

    甘乃実弥33617Views

  4. 子供扱いじゃなくて女扱いして

    十月夏葵32795Views

  5. マンションの隣に住む仲良し夫婦の秘密とは…

    まゆり31842Views

  6. 触手に自由を奪われて…終わりのない螺旋快楽

    天音澪莉29548Views

  7. 最後まで気づかれなかったら…ご褒美な?

    甘乃実弥26775Views

  8. おもちゃ好きの彼はが今日持ってきたのは、いつもと違って小さい電マだった

    夢咲 花笑21323Views

  9. 喰い付くケダモノ。

    16780Views

  10. 水泳のコーチはエッチな兄弟でした

    甘乃実弥13522Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛撫 愛のあるSEX キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ イキっぱなし 乳首責め 乳首 ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 好きな人 ちょっと過激に 挿入なし スリル 中出し OL

すべてのタグを見る