ヤクザのえっちな恩返し。

・作

一人暮らしをするアパートの近くで倒れている男性がいた。思わず「大丈夫ですか!?」と声をかけると、「無理…、腹減った」とか細い声でいわれ、居ても立ってもいられず家へと連れて帰った。ご飯をあげるとみるみるうちに元気になっていく彼に安心していると「嬢ちゃん、お礼に気持ちいいこと教えてやるよ」といわれ…。

大学の研究レポートが大詰めで帰りが遅くなってしまった…。
一人暮らしをしているアパートの周りは電灯が少なく夜になると結構暗い。
それが怖くて急ぎ足で帰っているとふとアパート近くの路地裏に目が行く。

見てビックリ!ガタイのいい男性が倒れていたのだ。

「え!?だ、大丈夫ですか!?」

思わず声をかけると男性が目を覚ます。
すると男性はか細い声で「無理…、腹減った」といいながらこちらを見てくる。

「…え?…あ!あの!家そこなんで来ます?」

「…助かる」

私は居ても立ってもいられず家へと連れて帰ることにした。

*****

家に連れて帰り、自分用に作り置きしておいた料理を男性に食べさせた。
あ、家につくまでに聞いたんだけどこの人の名前は仁さんというらしい。
暗闇であんまり見えなかったけど、この人めちゃくちゃワイルドなイケメンさんだ。
そして見るからにヤクザの人だ!

「ごちそうさん!美味かったぞ~、嬢ちゃん」

「嬢ちゃんって、私名前教えましたよね!…お粗末様でした」

まぁ元気になったみたいで安心した…。
でも服装的にやっぱりヤクザさんだよね。

「ところで嬢ちゃん。なんかお礼させて欲しいんだが何がいい?」

「え!大丈夫ですよ!別にお礼してもらうために助けたわけじゃありませんし!」

「それじゃあ組に顔向けができねぇ」

あ、組っていった…。

「お!そうだ!嬢ちゃん、お礼に気持ちいいこと教えてやるよ」

「へ?」

仁さんがそういうと私を畳に押し倒した。
お布団も何も敷いてないんだけど!

「嬢ちゃんの家が畳でよかったぜ。フローリングなんかだと腰が痛くなっちまうからな」

彼は私のズボンとショーツを太もものあたりまで下げた。
あれ?でもこの下げ方だと…。

「脚が動かせない…?」

「はは!嬢ちゃん気づくのはえーよ。でも動かせない方が拘束されてるみてぇで気持ちいいぞ」

私のアソコに指を挿入しながら器用に服の上から乳首を舐め始めた。
薄手のワイシャツを着ていたから、摩擦がなく余計に感じてしまう。

「んっふぁ、っひぅ、まっ!」

「乳首はな、服の上や下着の上からの方が摩擦がなくて感じやすくなるんだよ。彼氏でもいたら教えてやんな」

「んぁあ!っひぁああ!」

「っお!ここが嬢ちゃんのいいところか。この膣の内側な~。ここをこうクイっとやると…」

「っふぁああああ!」

「こんなふうに腰がビクビクして気持ちよくなっちまうってわけ。覚えておけよ~」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66152Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28301Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28148Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22167Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20987Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18038Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る