俺様主人のえっちな独占欲

・作

両親がお屋敷に務める使用人。そんな2人から生まれた私も今では立派なメイドさんになった。メイドとしての仕事は上手くやれていると思う。だけど1つだけ大きな問題がある。それはご主人様がとってもえっちだってこと!そんなある日の夜、寝る前にハーブティーを持っていくと急にベッドに押し倒されて…!?

とあるお屋敷のメイドをしている私。
なんでこんな豪邸のメイドをしているのかというと、両親2人ともここの使用人だったからだ。
その間に生まれた私も当然使用人になる道を選んだ。

というか選ばされたのかな?

このお屋敷の現当主、つまりは私のご主人様でもある春馬様から直々に誘われたのだ。
たまたま同年代に生まれた私と春馬様は小さい頃から面識があった。
一歩外にでれば春馬様は跡取り息子としての振る舞いをしなければならない。
そんな春馬様の息抜き兼遊び相手に選ばれたのが私なのだ。

といってもそれは小学生までの話。
中学生になってからは話をすることもなくなった。
なのに「メイドにならないか?」と誘われたときは本当に驚いた。しかも好条件で!
まぁその好条件につられてメイドになることにしたんだけど…。

メイドとしての仕事は上手くやれていると思う。
だけど1つだけ大きな問題がある。

それは…。

「美羽、ちんたら歩いてんじゃねーよ」

「っひゃ!春馬様!お尻を撫でないでくさい!」

「俺様のメイドに何しようと俺様の勝手だ」

ことあるごとに私にセクハラをするえっちな俺様主人だったってこと!

*****

はぁ…。
今日もこの時間がやってきてしまった。

寝る前にハーブティーを持っていく。
それが1日の最後の仕事になる。この仕事さえ終われば自由なんだけど…。

「この時間が1番酷いんだよなぁ…」

セクハラが。
そう思いながら深呼吸をして春馬様の寝室の扉をノックする。
春馬様の「入れ」という言葉を聞いてから「失礼します」と入室する。

ベッドで優雅に読書をしている春馬様のサイドテーブルにハーブティーを置く。

「ハーブティーになります」

「この香り…、ラベンダーか?」

「はい。秘書の方から眠れていないとお聞きしましたので」

「それでか。…ん?ということはお前アイツと喋ったのか?」

「はい。本日お帰りになる際に偶然居合わせまして、お会いするのはこれが2回目ですがとても気さくでお優しい方でした」

それにイケメンだったし。
春馬様とは違う優しい系統のイケメンさん。正直めちゃくちゃタイプ!
まぁ春馬様の方が好きなんだけどね。

「…だからお前に会わせたくなかったんだ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40186Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22190Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18551Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る