アトリエで芸術家の彼に筆で責められ…

・作

芸術家の彼と美大生の私。付き合うのに時間はかからなかった。いつも通り彼のアトリエに行くと彼から「ヌードモデルをやってくれない?」といわれる。渋々了承し、裸で椅子に座ると彼は「何か足りない」といって彼の愛用の筆で胸やクリトリスを責められてしまい…。

芸術家のマコトさんと出会ったのは、私が通う美大に臨時講師として来てくれたことがきっかけだ。
彼の描く油絵はとても素敵で、綺麗で、驚愕したことを覚えている。
世の中にはこんな素敵な絵を描ける人がいるんだと…。

もっとこの人に近づきたい!

そう思って彼のアトリエに何度もお邪魔した。
そのおかげか彼から告白されて付き合えることになったのだ。

凄く嬉しくて飛び跳ねたのを今でも鮮明に覚えている。

今日もいつも通り彼のアトリエを訪ねた。

「マコトさん!はい、これ差し入れです」

「サクラちゃん、ありがとう」

「いえいえー。でもまだ描いてないの珍しいですね」

「はは、ちょっとね」

いつも通りなら私が来る頃には絵を描いているはずなのに、今日は違った。
綺麗で豪華な椅子が見えるように真っ白なキャンバスが置いてある。

そう。真っ白いキャンバスのままなのだ。

「ねぇ、ヌードモデルをやってくれない?」

「ふぇ!?」

急なお願いにびっくりして間の抜けた声が出る。

「きゅ、急にどうしたんですか?」

「急じゃない。ずっと考えてたんだ。愛おしい恋人のありのままの姿を描きたいって。ねぇ、ダメ?」

「…ダメじゃないよ」

マコトさんは卑怯だ。
私が断れないのを知っている。

渋々了承したのは、私なりの抵抗だ。

*****

「さぁ、そこに座って」

ありのままの姿の状態であの綺麗で豪華な椅子に座る。
このための椅子じゃなかったらもっと素敵だったんだけど…。

「これで満足ですか?」

「うーん何か足りないな…。あ、そうだ!」

「え、ちょっと何するっ!?…ひぅ…!」

顎に手を添えて考えていたと思ったら、唐突に彼は筆で私の乳首を責め始めた。
くすぐったくて思わず声がでてしまう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66106Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40171Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28297Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28130Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27838Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25633Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22133Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20972Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18007Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る