寡黙なドクターは待てができない

・作

看護師の南芽衣子は、ほんわかした雰囲気で周囲から好かれるタイプ。ずっと憧れていた南原先生から告白されて、芽衣子は喜んでオッケーする。真面目でエリート、冷血だと囁かれている彼は、実は芽衣子の前だけでは全く違っていた。

私の勤務するこの大学病院は、比較的穏やかな方だと思う。今の院長が穏やかな方だからか、派閥争いや医師同士のマウント合戦も目に見えて酷いものはない。

私の所属する消化器内科病棟の看護師達も、皆いい人達ばかり。

そんな職場運に恵まれた私・南芽衣子(メイコ)は、今年で看護師歴も五年目に突入する。

仕事は毎日大変だけどやりがいもあるし、何より数ヶ月前に彼氏ができてからはプライベートも絶好調だ。

「南さん」

後ろから、トントンと肩を叩かれる。

振り返ると、涼しげな整った顔と目が合った。

「南原(ミナミハラ)先生」

「頼んでおいた〇〇さんの体温表、どうなってる?」

「あ、それならここに」

「確認するから、渡して」

「はい、どうぞ」

私からファイルを受け取った南原先生は、ニコリともせずそのまま去っていった。

「はぁー、相変わらずイケメンだわぁ。無愛想だけど」

彼が去った後に、同期の華(ハナ)が私の肩に顎を乗せる。

「あの先生のクソ細かい要求に応えられるのは、芽衣子だけね」

「そんなことないよ。確かに細かいけど、それだけ患者さん思いってことだし」

「私ら看護師のことも思ってほしいけどねぇ」

「あはは」

看護師の間では、南原先生の評価は大体こんな感じ。年は三十二で未婚、国立医大卒のエリートで将来有望。高身長顔良しスタイル良しの優良物件。

だけど笑った顔を見たことがないし、優秀ゆえにこちらに求めるレベルも高い。きついいい方で、新人看護師や研修医を泣かせてしまったりってこともしばしば。

私もこの病棟に配属されたばかりの頃は、色々冷たいことをいわれて落ち込んだりもしたけど。

患者さんに真摯に向き合う姿が素敵で、それからはずっと密かな片想い。だって、まさか南原先生も私を好きだなんて思ってなかったから。

告白された時は、夢かと思って自分の頬っぺたをつねってしまったくらいだ。

「真剣に仕事と向き合う優しくて芯の強い君が好きだ」と言われて、自分自身を認めてもらえたようで本当に嬉しかった。

憧れの南原先生とお付き合いするようになって、はや5ヶ月。プライベートでの彼は、お医者様である南原先生とは全然違った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66140Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28297Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28138Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22153Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20979Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18030Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る