お隣のお兄ちゃんとは襲われてからセフレの関係です

・作

鈴木露子(すずきろこ)は、片想い相手だったお隣のお兄さん・五代比呂(ごだいひろ)に半ば無理矢理抱かれてから、彼とセフレ状態に。しかし、比呂が彼女との結婚話を進めていることを知り、身を引く決意をする。露子は「なんでもいうことを一つきく代わりに、自分のいうこともきいてほしい」と条件を出して、比呂との関係を切ろうとするが…。

どうして、こんなことになったんだろう。

「可愛い、露子」

私の目の前で、ヒロ兄が恍惚とした表情を浮かべている。

彼は右手に、私の痴態(ちたい)を撮影するためのスマートフォンを構えていて、左手では私の下着の紐を弄(いじ)っていた。

私はといえばヒロ兄に命令されて、着ているプリーツスカートを自分でたくし上げているので、この紐を解かれたら、秘部が丸見えになってしまう。

おまけに、下着からはコードが一本垂れ下がっていて、私のナカではスウィングするタイプのローターが暴れ回っていた。

もちろん、耳を澄ませばヴンヴンと唸(うな)るようなバイブ音が聞こえてくる。

下着はすでに愛液がしたたりそうなほど濡れそぼっていて、本当は立っているのもつらいほどだ。

でも、座ることは許されていないし、くずおれたら最後、気絶するまで犯されるだろう。

まあ、どっちにしろ最後はえっちされちゃうんだろうけど…。

「この制服を着てるときくらいから、露子のことをぐちゃぐちゃにしたいって思ってた」

ヒロ兄がうっとりとしながら呟く。

ちなみに私が今纏っているのは、中学生のときに着ていたセーラー服だ。

私が中学生のころ、すでにヒロ兄は成人していたので、手を出されていたら確実に犯罪である。

でも、もし誘われてたら…うっかり想像しかけて、私は頭を横に振って、妄想を追い出した。

こんなことをされても嫌いになんてなれないほど、私は昔からヒロ兄に心酔してたんだから、きっと逃げられなかったに決まっている。

でも、私の記憶では、中学生のときも全然相手になんかされてなかった気がしたけど…。

「…まだ、俺のいうことが信じられない?」

「そ、んなこと…!」

図星をつかれ、私は僅かにいい淀(よど)んでしまう。

深緑のプリーツスカートが、私の手の震えに合わせて、頼りなく揺れた。

もう、限界だった。

「ねえ、ヒロ兄…もうやめよ?恥ずかしいよ…」

「だめ。今日はなんでも言うことを聞いてくれるんだろ?」

ヒロ兄の手が、いたずらに伸びる。

ポリエステルのツルツルした下着越しに、ヒロ兄の長い指が私の割れ目をなぞった。

「ひゃんっ」

「それに、露子だってすごくえっちな気分になってるでしょ」

ぴとぴと、布の上から指で叩くようにクリトリスが刺激される。

直接触っていないのに、私の愛液で濡れた指を、ヒロ兄が見せつけるようにこすり合わせた。

「で?なんだっけ、露子。俺にいいたいことって」

ヒロ兄は、きれいな顔でにっこりと笑った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66159Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22178Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20996Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18070Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る