お隣のお兄ちゃんとは襲われてからセフレの関係です

・作

鈴木露子(すずきろこ)は、片想い相手だったお隣のお兄さん・五代比呂(ごだいひろ)に半ば無理矢理抱かれてから、彼とセフレ状態に。しかし、比呂が彼女との結婚話を進めていることを知り、身を引く決意をする。露子は「なんでもいうことを一つきく代わりに、自分のいうこともきいてほしい」と条件を出して、比呂との関係を切ろうとするが…。

どうして、こんなことになったんだろう。

「可愛い、露子」

私の目の前で、ヒロ兄が恍惚とした表情を浮かべている。

彼は右手に、私の痴態(ちたい)を撮影するためのスマートフォンを構えていて、左手では私の下着の紐を弄(いじ)っていた。

私はといえばヒロ兄に命令されて、着ているプリーツスカートを自分でたくし上げているので、この紐を解かれたら、秘部が丸見えになってしまう。

おまけに、下着からはコードが一本垂れ下がっていて、私のナカではスウィングするタイプのローターが暴れ回っていた。

もちろん、耳を澄ませばヴンヴンと唸(うな)るようなバイブ音が聞こえてくる。

下着はすでに愛液がしたたりそうなほど濡れそぼっていて、本当は立っているのもつらいほどだ。

でも、座ることは許されていないし、くずおれたら最後、気絶するまで犯されるだろう。

まあ、どっちにしろ最後はえっちされちゃうんだろうけど…。

「この制服を着てるときくらいから、露子のことをぐちゃぐちゃにしたいって思ってた」

ヒロ兄がうっとりとしながら呟く。

ちなみに私が今纏っているのは、中学生のときに着ていたセーラー服だ。

私が中学生のころ、すでにヒロ兄は成人していたので、手を出されていたら確実に犯罪である。

でも、もし誘われてたら…うっかり想像しかけて、私は頭を横に振って、妄想を追い出した。

こんなことをされても嫌いになんてなれないほど、私は昔からヒロ兄に心酔してたんだから、きっと逃げられなかったに決まっている。

でも、私の記憶では、中学生のときも全然相手になんかされてなかった気がしたけど…。

「…まだ、俺のいうことが信じられない?」

「そ、んなこと…!」

図星をつかれ、私は僅かにいい淀(よど)んでしまう。

深緑のプリーツスカートが、私の手の震えに合わせて、頼りなく揺れた。

もう、限界だった。

「ねえ、ヒロ兄…もうやめよ?恥ずかしいよ…」

「だめ。今日はなんでも言うことを聞いてくれるんだろ?」

ヒロ兄の手が、いたずらに伸びる。

ポリエステルのツルツルした下着越しに、ヒロ兄の長い指が私の割れ目をなぞった。

「ひゃんっ」

「それに、露子だってすごくえっちな気分になってるでしょ」

ぴとぴと、布の上から指で叩くようにクリトリスが刺激される。

直接触っていないのに、私の愛液で濡れた指を、ヒロ兄が見せつけるようにこすり合わせた。

「で?なんだっけ、露子。俺にいいたいことって」

ヒロ兄は、きれいな顔でにっこりと笑った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵46892Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵41597Views

  3. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田38205Views

  4. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月37742Views

  5. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ35155Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ32693Views

  7. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも32090Views

  8. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも25976Views

  9. なかなか手を出してくれない憧れの先生の、こじらせた性癖をぶっ刺した夜

    まゆり19096Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18184Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る