失恋した私とナンパ男との激しいワンナイトラブ

・作

思いを寄せていた同じ大学の先輩。そんな先輩から私の親友と付き合ったと言われ自暴自棄になる。フラフラと夜の街を歩いていると軽薄な男が話しかけてきて…。いつもなら速攻断るナンパだが、自暴自棄になっていた私はついていくことに。失恋を忘れさせてくれるほどの激しい情事に何も考えられなくなってしまい…。

「彼女と付き合うことになったんだ」

同じ大学の思いを寄せていた先輩。
そういった彼の隣には、私の親友がいた。

裏切られた気分だ。いや気分じゃないか…。
私は実際、親友に裏切られたのだ。辛くて涙が止まらない。

あてもなく夜の街をフラフラ歩く。
もうどうなったっていい。
この傷ついた心を誰かに癒して欲しい。

そう思っていた時「お姉さん!泣いちゃったの?ボクが慰めてあげよっか?」と声をかけられた。

声のする方を向くと軽薄そうなナンパ男がいた。
いかにも遊び人って感じの外見に乾いた笑いがでてくる。

「いーよ」

いつもは速攻断るナンパだけど、自暴自棄になっていた私は迷わず了承した。

そうして今私たちはラブホテルにいる。

「お姉さんの名前なんていうのー?ちなみにボクはタツキね。タツキくんって呼んで!」

「私はミヤビ。というかワンナイトなのに呼び方指定するの?」

「そうだよ~。そっちのほうが楽しいでしょ?」

「じゃあ私のことはミヤビちゃんって呼んでよ」

「ハハ!オッケー!ミヤビちゃんね。それじゃあ楽しもっか。ミヤビちゃん」

そういうと彼はさっそく上半身裸になり、私の上に跨る。
そして丁寧に私の服を脱がしていく。
さすが遊び人。女の人の扱い上手だなぁ。
そんなことを考えているとあっという間に裸になっていた。

「お洋服汚しちゃうと面倒だからね~」

そういう彼の目はギラギラしていた。

「じゃあいただきます」

彼は私の胸を舐め始める。
乳首は責めずに周りばかりを舌で責める。
もどかしい快楽が私を襲う。

「んむ…っあ!」

ちゃんと触って欲しくて胸を突き出すような動きをとってしまう。

「まだだーめ。焦らした方が何倍も気持ちよくなるからね」

どれくらい焦らされただろう。
早く気持ちよくなりたくておかしくなりそうだった。

「うん!いい感じにココ主張してるね」ピンと指で乳首を触る。
その刺激に思わず「っあぁ!」と声がでてしまう。
たくさん焦らされたせいか少し触られただけなのにとても気持ちがいい。
私が突然の快楽に震えていると、彼がローターを2つ取り出した。

「それ、備え付けの…」

「そーだよ。ここのラブホテルはローター2つまでなら備え付けで置いてあるんだ~」

ニコニコ笑いながら私の乳首にローター2つをセットする。
少し触られただけでもかなりの快楽だったのに、ローターなんて動かされたら私…!

「ボクね。女の子が感じてる姿大好きなんだ~。だからミヤビちゃんも好きなだけ感じちゃってね」

「タ、タツキくんちょっとまっ…!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu54183Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52599Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39144Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31610Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22919Views

  6. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑22691Views

  7. 二度目の初体験

    月島満22152Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑20699Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18715Views

  10. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu18426Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る