夜の公園でえっちなお散歩のお仕置き

・作

同棲している家に帰るといつもは優しい彼氏が怒りながら待っていた。理由を聞こうにも有無を言わせない態度で、ローターを付けられ夜の公園に連れていかれる。何がなんだか分からないまま「これはお仕置きだから」と言われ…。

「ん…。っひぅ…!」

「声でちゃってるけど、ここ外だよ」

私は彼の言葉で今の状況を思い出す。

同棲している家に帰ると何故か怒って玄関で待っていた彼氏の優。
そこから有無を言わさず無線のローターを敏感な部分につけられ、夜の公園で散歩をすることに…。

怒っている優の笑顔の威圧感に負け、何も言えず今の状況ができあがった。

━ヴヴヴヴヴ

「んぁっ!」

「何考えてるの?これはお仕置きだから」

「っふう…お、お仕置きってど、どういう…?」

声を我慢しながら優に問いかける。
その問いかけに彼は眉間にシワをよせ、私に見えるようにローターのスイッチを強にした。

━ヴヴヴヴヴ

「っ!」

強烈な快楽に思わず座りこんでしまう私。
それを許さない彼が私の手を引っ張る。

「こんなところで座り込んだら通行の邪魔だよ。ほら向かいから誰かくるよ」

向かいの道を見ると酔っぱらっている男性がフラフラ歩いてきていた。
まだこちらに気づいていないが、私の額からは冷や汗が流れる。
それと同時に快楽が頭を駆け抜ける。

「ん、っくう、んっ…!」

我慢するが強烈な快楽に声が漏れてしまう。

も、もう無理…!!
思いっきり目をつむるが、相反してローターの振動が止まる。

「…んぇ?」

「おー!嬢ちゃんだぁいじょーぶかぁー!?」

「ちょっと具合が悪いみたいで、でも大丈夫ですよ。ねぇ、アキ」

「う、うん」

「そぉーかー!なら心配いらねぇーなぁー!彼氏さん頑張れよぉー!」

優の肩を酔っ払いの男性が叩くとそのままフラフラ歩き始めた。
よかった…。気づかれなかった…。
そう思いながら、酔っ払いの男性が小さくなるまでその場でボーっとしていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60095Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42190Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも36996Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34840Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25786Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23918Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21785Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18824Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17455Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16577Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る