スリリングシーサイド

・作

私は大学の夏休みに、海がきれいなことで有名なビーチに遊びに来ていた。と、そこで出会った金髪のチャラっとした印象の青年、慶(けい)に一緒に遊ばないかと誘われる。イケメンだしいいかなと思った私は、海でスリリングなプレイをすることに!?

「海最高~!」

私は海が透き通るように綺麗なことで有名なビーチに遊びに来ていた。

夏休みだし、何か思い出を作りたいなと思っていたところで、ニュースでこの場所のことを見かけて行ってみたい!と思ったのが理由だった。

「早速泳いじゃおっかな~」

私がるんるん、とスキップで海の方へ向かおうとすると突然ぽん、と肩を叩かれる。

「お嬢さん、こっち海深いから危ないよ?」

見た感じかなりチャラチャラとした印象で、耳には二つもピアスを開けていた。

「あ、ありがとうございます…」

監視員さんかな?と思ってお礼を言うと、「じゃっ、お礼に一緒に遊んでよ」と笑顔で返してきた。

いわゆる、ナンパだとすぐ理解した。

「うーん…」私は少し考えて、彼の顔を見つめる。かなりの美形だった。

「いいよ!」

私がそう快諾すると、「慶って呼んで、よろしく」と言うと私の手を引いて歩いていく。

「秘密の場所に連れて行ってあげる」

 

*****

そこはかなり人気の少ない場所だった。

「わぁ…穴場?慶君、こんなとこ知ってるなんてすごい!」

と、彼は突然私を押し倒してきた。

「…勿論、意味わかってる、よね?」

確かに半分は理解していた。けど、まさかここでだなんて思っていなかった――。

 

*****

「あんっ、あっ、ここでっ、これっ、見られちゃうっ…よぉ…!」

上の水着を脱がされて、私は胸の桃色の突起を激しく責められる。

じゅるっ、ちゅっ、ちゅぱっ。激しく吸われたと思いきや、今度はわざとらしく音を立てて、感じるようなキスをする。

家族連れが視界に入り、思わず私は声を堪えようとするも、私の中の雌はとても正直だった。「気持ち…っ、いっ、ああっ!」と私は声を上げてしまう。

「感じすぎじゃない?でも、そういうプレイ好きそうだと思ってた」

慶はくすくすと笑いながら私の愛液で濡れた下の水着の中に手を突っ込み、指をそのまま中に入れてきた。

ぬちゃ、ぬちゃり。私の湿り気を帯びた水着が、愛液と混ざりあっていやらしい水音をあげる。

「ひゃあっ、んっ!」

私は思わず声をあげてしまう。

「じゃ、そろそろ俺も気持ち良くなっちゃおっかな。でも、声出しすぎないでね?」

バレちゃうよ?ニコニコと笑って、口付けで私の口を塞ぐと、下の水着をずるりと脱がせた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57791Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49540Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38744Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32150Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22431Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19328Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18775Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15006Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13784Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る