スリリングシーサイド

・作

私は大学の夏休みに、海がきれいなことで有名なビーチに遊びに来ていた。と、そこで出会った金髪のチャラっとした印象の青年、慶(けい)に一緒に遊ばないかと誘われる。イケメンだしいいかなと思った私は、海でスリリングなプレイをすることに!?

「海最高~!」

私は海が透き通るように綺麗なことで有名なビーチに遊びに来ていた。

夏休みだし、何か思い出を作りたいなと思っていたところで、ニュースでこの場所のことを見かけて行ってみたい!と思ったのが理由だった。

「早速泳いじゃおっかな~」

私がるんるん、とスキップで海の方へ向かおうとすると突然ぽん、と肩を叩かれる。

「お嬢さん、こっち海深いから危ないよ?」

見た感じかなりチャラチャラとした印象で、耳には二つもピアスを開けていた。

「あ、ありがとうございます…」

監視員さんかな?と思ってお礼を言うと、「じゃっ、お礼に一緒に遊んでよ」と笑顔で返してきた。

いわゆる、ナンパだとすぐ理解した。

「うーん…」私は少し考えて、彼の顔を見つめる。かなりの美形だった。

「いいよ!」

私がそう快諾すると、「慶って呼んで、よろしく」と言うと私の手を引いて歩いていく。

「秘密の場所に連れて行ってあげる」

 

*****

そこはかなり人気の少ない場所だった。

「わぁ…穴場?慶君、こんなとこ知ってるなんてすごい!」

と、彼は突然私を押し倒してきた。

「…勿論、意味わかってる、よね?」

確かに半分は理解していた。けど、まさかここでだなんて思っていなかった――。

 

*****

「あんっ、あっ、ここでっ、これっ、見られちゃうっ…よぉ…!」

上の水着を脱がされて、私は胸の桃色の突起を激しく責められる。

じゅるっ、ちゅっ、ちゅぱっ。激しく吸われたと思いきや、今度はわざとらしく音を立てて、感じるようなキスをする。

家族連れが視界に入り、思わず私は声を堪えようとするも、私の中の雌はとても正直だった。「気持ち…っ、いっ、ああっ!」と私は声を上げてしまう。

「感じすぎじゃない?でも、そういうプレイ好きそうだと思ってた」

慶はくすくすと笑いながら私の愛液で濡れた下の水着の中に手を突っ込み、指をそのまま中に入れてきた。

ぬちゃ、ぬちゃり。私の湿り気を帯びた水着が、愛液と混ざりあっていやらしい水音をあげる。

「ひゃあっ、んっ!」

私は思わず声をあげてしまう。

「じゃ、そろそろ俺も気持ち良くなっちゃおっかな。でも、声出しすぎないでね?」

バレちゃうよ?ニコニコと笑って、口付けで私の口を塞ぐと、下の水着をずるりと脱がせた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52752Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52118Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39190Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31819Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22953Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22183Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21226Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19931Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18722Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18461Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る