幼馴染の恋人

・作

僕には幼いころから隣の家に住んでいる、幼馴染の恋人の「アキ」がいる。彼女はいつも僕を引っ張って行ってくれて、こんな僕を好きだと言ってくれる。でも、部屋に遊びに来てくれた時でさえ僕は手を出せなかった。今回こそは――。

「やぁ、今日も遊びに来たよ~」

僕の恋人、アキはそう言っていつものように僕の家の階段を上っていく。

彼女は子供のころから仲が良くて、いわゆる幼馴染というやつだ。

いつも気弱な僕のことを引っ張って行ってくれて、徐々に彼女に惹かれていった。

僕が勇気をもって告白して、彼女が頷いてくれた時の幸福感は今も忘れられない。

「今日も一緒にゲームしてあそぼっか」

「あ、この前言ってたやつでしょ?楽しみ~」

子供のころと変わらない話をしながら、僕は彼女と二人、部屋の中へと入った。

*****

「あー、いい感じだったのにね」

「くそー…惜しかったな~」

アキは少し残念そうにゲーム画面を見つめながらそう言った。いつもだったらここでもう1回!とゲームを続けるのだが、彼女は珍しく疲れたのかごろりとカーペットの上に横たわった。

彼女の胸がちらり、とのぞく。僕は唾をのんだ。

僕たちは付き合ってかれこれ数年たつにもかかわらず、未だに1回もセックスをしたことがない。

誘うのは、男の僕の仕事なんだろうけど。…できなかった。

けれど、けれど。本当は僕だってそういうことをしたい。アキのことが好きだから。

今回は、もう、我慢ができなかった。

「アキ」

僕が彼女のことを呼ぶと、「なぁに~?」とアキはこっちを見る。

振り返った彼女に近づいて、僕は口づけをした。

「ごめん…限界だよ!」

*****

服を脱がせて、彼女をベッドの上に倒れこませる。

筋力が無いのでキツかったけど、こういう時くらい男らしさを見せたかった。

アキのショートパンツと胸元の見えるシャツを脱がせていく。

アキは無言で僕の腰に手を伸ばし、抱き着く。

「…待ってたんだよ?」

「うう…」

そんな風に言ってくれる彼女の優しさが、温かさが、本当に好きで好きでたまらなかった。

「アキ、好きだよ」

僕は何度も何度も口づけをする。そのたびに、アキは可愛らしい声をあげたり、少しとろけた目でこっちを見る。

その顔がとても愛おしかった。

「えっと、脱がせて、いい?」

僕は唾を一つ大きく飲み込んで聞く。アキは笑顔で答えてくれた。

 

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60094Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42189Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも36996Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34840Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25785Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23918Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21785Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18824Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17455Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16577Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る