幼馴染の恋人

・作

僕には幼いころから隣の家に住んでいる、幼馴染の恋人の「アキ」がいる。彼女はいつも僕を引っ張って行ってくれて、こんな僕を好きだと言ってくれる。でも、部屋に遊びに来てくれた時でさえ僕は手を出せなかった。今回こそは――。

「やぁ、今日も遊びに来たよ~」

僕の恋人、アキはそう言っていつものように僕の家の階段を上っていく。

彼女は子供のころから仲が良くて、いわゆる幼馴染というやつだ。

いつも気弱な僕のことを引っ張って行ってくれて、徐々に彼女に惹かれていった。

僕が勇気をもって告白して、彼女が頷いてくれた時の幸福感は今も忘れられない。

「今日も一緒にゲームしてあそぼっか」

「あ、この前言ってたやつでしょ?楽しみ~」

子供のころと変わらない話をしながら、僕は彼女と二人、部屋の中へと入った。

*****

「あー、いい感じだったのにね」

「くそー…惜しかったな~」

アキは少し残念そうにゲーム画面を見つめながらそう言った。いつもだったらここでもう1回!とゲームを続けるのだが、彼女は珍しく疲れたのかごろりとカーペットの上に横たわった。

彼女の胸がちらり、とのぞく。僕は唾をのんだ。

僕たちは付き合ってかれこれ数年たつにもかかわらず、未だに1回もセックスをしたことがない。

誘うのは、男の僕の仕事なんだろうけど。…できなかった。

けれど、けれど。本当は僕だってそういうことをしたい。アキのことが好きだから。

今回は、もう、我慢ができなかった。

「アキ」

僕が彼女のことを呼ぶと、「なぁに~?」とアキはこっちを見る。

振り返った彼女に近づいて、僕は口づけをした。

「ごめん…限界だよ!」

*****

服を脱がせて、彼女をベッドの上に倒れこませる。

筋力が無いのでキツかったけど、こういう時くらい男らしさを見せたかった。

アキのショートパンツと胸元の見えるシャツを脱がせていく。

アキは無言で僕の腰に手を伸ばし、抱き着く。

「…待ってたんだよ?」

「うう…」

そんな風に言ってくれる彼女の優しさが、温かさが、本当に好きで好きでたまらなかった。

「アキ、好きだよ」

僕は何度も何度も口づけをする。そのたびに、アキは可愛らしい声をあげたり、少しとろけた目でこっちを見る。

その顔がとても愛おしかった。

「えっと、脱がせて、いい?」

僕は唾を一つ大きく飲み込んで聞く。アキは笑顔で答えてくれた。

 

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64036Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42349Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29945Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28098Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27739Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27250Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22927Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20431Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19901Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18500Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る