好きでもない男に手足を拘束されて無理やりバイブレーターで感じさせられちゃう!

・作

目が覚めると手足が拘束されていて、好きでもない男に乳首責め、クリ責めされてしまう。嫌だと思いながらも体は正直で、敏感に反応してしまう私。無理やりクンニされてるのに気持ち良くなっちゃって、潮を吹きながら、いっちゃいました。

「おい、起きろ」

頬を誰かに叩かれる。
誰か―…聞き覚えのある声。誰だっけ。
そうだ。この声は―…。

「目、覚めた?」

少しずつ目に光が入ってくる。
それと同時に、手と足が拘束されているのに気付く。
声の男に無理やりキスされて、拒否しようとしても、手が動かない。

「振った相手とのキス、どう?」

唇が離されて、男が微笑む。
なんで、こんなことに――。
記憶をたどっても、思い出せない。

「覚えてない?昨日、3人で飲んでて、お前が俺のこと振ったの」

3人…。少しずつ記憶が蘇ってくる。

「お前の好きなあいつは、そこ」

指をさす方を見ると、優太が口にガムテープを貼られ、やはり腕と足を拘束されている。

「優く…」

ぴしゃっと頬を叩かれる。

「はい、お仕置き」

そう言って、そばに置いてあるバイブレーターを手に取る。

「お前、どっちがいい?上と下。まあ、どっちもするけど」

シャツのボタンを外されていく。
やだ。したくない。優くんの前で――。

「お前が悪いんだよ。俺、あんなに尽くしたのに」
「だって、仕方な…」
「ん?お前、立場分かってる?口塞いどいてもいいけどお前が喘いでる声、こいつにも聞かせたいからなあ」

優くんと目が合う。
こんなことになるなら、昨日優くんと付き合うことになったなんて、言わなければ良かった。
3人の友人関係を続けていれば、こんなことにならなかった。
シャツのボタンが全て外され、ブラが露わになる。

「お前、意外と胸大きかったんだね。そそるわ」
「やだ。ねえ、お願い、許して…」
「許すと思う?」

ブラのホックを外され、外気に突起がさらされる。

「うわ。綺麗なピンク色。優太、ごめんね。俺が先に味わっちゃって」

そう言って、乳首にしゃぶりつかれた。

「あっん…」

嫌だと思いながら、甘い声が漏れる。
乳首をコロコロと舐められると、私は弱い。
吸われたり、転がされたりして、感じてしまう。

「やっ…あ…」
「いいね。その声」

バイブレーターを取り出して、片方の乳首に軽く押し付けられる。
振動で、一気に気持ち良くなって、下半身も熱くなっていく。
片方の乳首に絶え間なく振動が来て、もう片方の乳首は指でつねられる。
思わず、声が出てしまう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64097Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42356Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29958Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28175Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27766Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27250Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22934Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20446Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19907Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18516Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る