兄さんのお泊り

・作

社会人になった私は家を出て、都会で一人暮らしをしていた。そのため、家族とは離れ離れで生活をしているのだが、時々心配なのか義兄の卓也兄さんがこちらにやってくる。それもそのはず、私と兄さんは家族公認でお付き合いをしている。そして今日は、兄さんが久しぶりに泊りがけで遊びに来ていた――。

「あ、兄さん。元気してる?」

「んー、元気だよ。そっちは平気?ご飯は困ってない?野菜なら送るよ?」

「一人暮らしじゃそんなに野菜も食べれないって」

私が今話している相手は、義兄の卓也さんだ。

私の母親の再婚相手の息子さんで、ほのぼのとした性格の人だった。

…そんな兄さんに告白されたのは、私が引っ越す当日だった。

*****

「じゃあな、元気でやれよ」

「まあうちの子なら大丈夫よ〜」

と両親が何も気にする様子なく、私を見送る一方で兄さんはボロボロ泣きながら私を見送った。

「うおおおん、がんばってねぇ」

「兄さん…そんな顔しないでよ」

電車の扉がプシュウ、と音をたて閉まる。

両親が私を見送る中、兄はホームを駆けて私が見えなくなるまで見送る。

そして叫んだ。

「好きだよ!!!おれ!!こんな俺でよければ!!付き合ってください!!」

こうして私たちは付き合うこととなった。

両親には、「血が繋がっていないとはいえ、家族なのは忘れるな。ただ、それを忘れないなら好きに付き合いなさい」とお墨付きをもらえた。

*****

「あ、そういえば今度そっちに遊びに行くね」

「え、ほんと?うちは平気?」

「うん、母さんがたまには行ってきなさいって」

こうして、数日後。兄さんがこちらにやってくることが決まった。

*****

「にいさーん!」

「うわああ会いたかったよお!」

大量の荷物と共に兄さんはやって来た。

曰く、ホテルを取ったのでそこに泊まるとのこと。

うちに泊まらなかった理由を聞けば、「ほら、恥ずかしいし…」とのこと。

兄さんはどうして変なところで勢いがあるのに、びっくりするほど奥手なのか…。

それから二人でデートをした。

「すごいねー、会社大きいんだね」

何度か都内に来たことがあるため、兄さんは私が通勤する会社や生活圏内が見たいと言った。

そのため、二人で近所を散歩した。

カフェで普段の話をしたり、すごく楽しかった。

*****

そんな時間はすぐに過ぎて、夜になった。

「じゃあホテルに帰るね」

兄さんがそう言って、私を見送ろうとした。

けれど、私は不満だった。

どうしてせっかく会えたのに、これだけなの?

私のそんな思いが行動に出ていたのか、私は兄さんの腕を掴んでいた。

「…ッ!!我慢できなくなっちゃうよ!そんな可愛い顔されたら…」

兄さんはそう言って、困惑していたが私は腕を離さなかった。

兄さんは困った顔をしながら、「…ホテル、来る?」と私を誘った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40181Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22186Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18548Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18085Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る