いつもの電車に乗っていたのに、痴漢の手で気持ちよくされちゃうなんて…

・作

いつもの時間、いつもの電車に乗ったはずの私。いつもと違うのは女性専用車両に乗れなかったこと。スマホを弄りながら会社の最寄り駅に着くまで満員電車を耐え抜くはずだったのに…どうしてこんなに気持ちよくなっちゃうの~!?

「やばい!遅刻だ!」

いつの間にスマホのアラームが鳴ったのだろう、いつも遅刻なんてすることないのに…。

きっと軽い気持ちで見始めた懐かしいドラマをつい全話見ちゃったせいだな…。

「あー、もう朝ごはん食べてる時間ない!」

急いでいつものスーツに着替えて、いつもの倍速に近いスピードで何とかメイクを終える。

「いってきまーす!」ハイヒールに足を突っ込みながら、誰もいない部屋に声を掛ける。

これは引っ越してきた時からの習慣。

駅まで普通に歩けば10分強、でも今日は7分で着かないと通勤特快に乗り遅れる。

朝からうんざりするような太陽の下、一気に走り出した。

*****

「はぁ…セーフ…」

一気に階段を駆け下り、一番近くの車両に滑り込んだところでドアが閉まった。

汗でメイクがドロドロになっていないか気になるけど、とりあえずいつもの電車には乗れた。

いつもは先頭にある女性専用車両に乗るんだけど、今朝だけは仕方ない。

おじさんばかりの独特の匂いに眉を寄せつつも、会社の最寄り駅までは30分。何とか耐えられそう。

なんとか息も整い、一息ついたその時だった。

…あれ?お尻に何かあたってる?でも満員電車だし仕方ないよね…。

そう諦めた数分後、その手は明らかに意思を持って私のお尻を触り始めた。

これって、あたってるってレベルじゃないよね?ま、まさか痴漢…!?

いつも女性専用車両に乗っている私には、痴漢にあったという経験はなかった。

まさかね、私なんてナイスバディーじゃないし…気のせいだよね…

そう思っているうちに、味を占めたのかお尻を揉むようになってきた。これ、明らかに偶然じゃない!

でも怖くて声が出ない。まわりのひとも新聞やスマホを見ていて気が付いてくれない。

私にはつり革をぎゅっと握って耐えることしかできなかった。

柔らかいお尻を十分に堪能したらしい手は、あろうことかタイトスカートの裾に手を差し入れてきた。

少しずつあがるスカートの裾。でも人混みで誰も気が付く様子はない。

いったいどうなっちゃうの…私はいつのまにか涙目になっていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75029Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44170Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25774Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24331Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22869Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21648Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19660Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19512Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18470Views

  10. しおこ15774Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る