酔った勢いに身を任せることの怖さを実感しました

・作

上司のボディタッチによるセクハラを理性で耐えきった私。こんな会社、やってられるかー!って、いつものバーでついヤケ酒。でも今日はいつもより酔いの回りが早いみたいで…おかしいな、いつもはこれくらいじゃ何ともならないんだけど、なんだかふわふわする…

「あー、もう!やってらんない!」

私は南里香、この春社会人になったばかりの新人OL。

OLといっても入社2か月の私の仕事と言えば、書類の整理やまとめ、それにお茶出しなんかの雑用ばかり。

だったんだけど、今日は急に休んだ人がいてちょっと忙しかった

だから普段は雑用係の私も急遽、経理のお手伝いをすることになったわけ。

それが最悪で…指導係の係長が背中から抱き着くような体勢で、あろうことか私の手の上からマウスを握ってきて…!

わざとらしく胸や腰に触ってくるんだよね。

こんな典型的なセクハラ、自分が受けることになるとは思わなかった。

しかも間が悪いことにその席は窓際の他の席からは死角になる位置。
忙しさもあって、誰も気が付いてくれなかった。

これもちょっとだけの我慢…と言い聞かせて、仕事が終わるまで耐えた私は本当に偉いと思う。

定時のチャイムがなるなり、鞄を引っ提げてきたのはいつものバー。

このバーは会社の近くにあるにも関わらず、場所がわかりにくい上に、ちょっと入りにくい感じがするからいつも落ち着いた雰囲気が流れている。

良いことがあったときも、悲しいときも、何でもないときだって、まだ入社したばっかだけど何度も訪れた。

「マスター!マティーニ!思い切り強く!」ドアを開けるなり私はそう叫んだ。

幸い、周りに他のお客さんはいない。

私の形相から何かを悟ったであろうマスターは静かに頷いてカクテルを作り始めた。

「そんでぇ…指導をいいことに、いろんなとこ触られて…」週の半ばの曜日のせいか、お客さんは私と2つ空けたカウンター席にいかにも仕事ができそうなスーツをパリっと着こなしたひとがいるだけだった。

このバーで初めて見るお客さんだ。

そのお客さんのことは気にせず、散々マスターに愚痴を言いつつ、いつもより強いショートカクテルを煽った。大丈夫、私はお酒が強いほうだから。

何杯めのお酒になっただろうか、不意にふわっとした心地が襲ってきて、そのままカウンターに突っ伏してしまった。

あー…あの上司はむかつくけど、なんだかいいきもち…私は感覚に逆らわず、そのままふわふわした心地に身を任せていた。

「マスター、チェックを。彼女の分も。」そんな声が遠くで聞こえて、心地よい気分のまま抱き上げられた、そんな気がした。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55673Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45312Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35623Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23869Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22975Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17149Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る