体育会系イケメン後輩に告白されて襲われました。

・作

仕事人間の私は、ある後輩の教育係を務めてきた。その後輩の角谷は、体育会系のイケメン。
仕事で落ち込む出来事があった私は、角谷に慰められて涙を流してしまう。すると彼に突然キスをされ、「好きです」と告白された末に襲われてしまった!

「やっ…んぅぅっ…!」

 男の熱い舌が、口内に侵入してくる。
 押し付けられた彼の鍛えられた硬い体の温度が、高瀬ヒナの体を濃厚なキスと共に高めていく。
 彼の胸を反射的に押し返してもびくともしない。
 体を横に向けても、彼に顔を固定されているため、キスは続くどころか激しいものに変わっていった。

 息継ぎの合間に唇を離せば、お互いの透明な唾液がヒナと彼の唇を汚す。

「…んんぅっ…!もっ…駄目!やめ…なさい!かど、たに君!…あんっ!」
 
 後輩の名前を叫び、静止を命じる。
 ヒナの唇が解放された時、彼の唇はヒナの首元に押し付けられていた。啄むようにキスの雨をふらされ、背骨すら溶かすような甘い刺激に身を捩らせる。

「高瀬先輩…俺…やめられませんよ…っ!」
「んっ、んっ、やぁっ…」
「高瀬先輩のこと、ずっと好きだったんです!」
 
 容姿端麗な彼の瞳に見つめられ、ヒナは息を呑む。
 ヒナの後輩の、角谷祐介。
 浅黒い肌に短い髪。

 いかにも体育会系風な24歳の若い彼が、丸縁眼鏡の地味子を、好き?

 ヒナは角谷の5つ年上。
 新卒で入社した彼を、この1年間ずっと叱って教育してきたウルサい先輩なのに?

「んっ…!」

 ヒナの唇を塞ぐと、とても力強くヒナの体を抱きしめ、背筋をなでた。
 会議室の机の上に座らされる形で、彼と密着しているのだ。スカートの足の間に彼の体が入ってきて、ヒナは自身が快感に酔ったことを自覚する。胸が高鳴り、体がほてる。

「先輩は、クソ真面目で!仕事ばっかで俺の気持ちなんて気づいてなかったんでしょうけど!…俺は、大っ好きです!」

 初めて男性に告白され、初めて体が快楽に流されている。

 会社の会議室で、こんなの、おかしい。こんな深夜に、ヒナと彼しか会社に残っていないのはわかっていても、背徳感が募る。
 いつも真面目に会議をしている場所で、ヒナは何てことをしているのだろう。

「好きです…っ!ずっとずっと、クソ真面目なとこ、可愛いなぁって思ってました…!会議に集中してる横顔も、エロいなぁって…!」
「か、かわっ…っ!?エロ…!?ちょ、まっ…そこは…っ」
 
 好きと言われるたびにヒナの下半身は高ぶっていく。更にヒナの熱を高めるように、彼はヒナの耳や首筋を舌先で舐めつつ、右手で胸を撫でた。柔らかな乳房を、まるでガラス細工に触れるかのように丁寧に形を確かめられる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu54170Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52588Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39143Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31586Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22914Views

  6. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑22690Views

  7. 二度目の初体験

    月島満22149Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑20699Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18715Views

  10. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu18421Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る