凸凹カップルの朝のセックス

・作

清楚なユキと、強面のトモは、他人に不思議がられる正反対なカップル。しかしユキはトモにぞっこんで、セックスの最中彼のことが可愛くて仕方ない。そして昨晩もしたというのに、朝からユキはトモをセックスに誘う。ラブラブカップルの情事をお届けします。

朝からのセックスが好きだ。

「おい、何してんだよ…」

頭上からふりかかる声は、気だるげだった。ユキは長い髪を汚さないようにと片手でまとめ、彼の股間の勃起したそれを口に含む。

「朝からフェラってなぁ…」

カーテンから透ける朝の光は、白いシーツの上にきらきらと反射する。照明をつけていなくても、朝日のおかげで不要だ。

「んふ…夜這いじゃないから、朝這いかなぁ」

2年も付き合っている彼氏のトモのそれに、ユキは唾液をわざとこぼす。そして先端が濡れるように指をすべらせれば、うつ伏せの彼はびくりと小さく震える。

「トモ、これは朝の生理現象じゃないよね。その気になってくれたんだよね?」
「おー、まぁなぁ。お前こそ、あんっだけ昨日しておいてさ、もういいってならねぇの?」
「それはないなぁ」
「性欲魔神め。お前は、本当に変わったやつだ」

悪態をつくような言葉だが、ユキはそっとほくそ笑む。彼の言葉には嗚咽が混じっている。欲望をくすぐるように擦られ、感じているのが丸わかりだ。部屋のテレビもついていないワンルームで、ねちゃねちゃという音が響く。

「感じているあなたも、変わってるよ」

そもそも変わっているのは、自分たちカップルかもしれない。おしとやかな優等生然とした見た目なユキと、どこか元ヤンを感じさせる尖った見た目のトモ。大学では異質な二人だったし、社会人になってから二人が付き合ってることを告げると、かなり驚かれた。

『どうしてユキさんは彼と付き合ったの?何か脅されてるの?』
と、この2年間の間で何度言われたことか。

(違うんだけどね、私が彼に抱かれたかっただけで)

「ふっ…」

トモが、鳴いた。硬さを取り戻していく彼の欲望が、細かに震える。もうイキそうと歪んでいる彼の顔は、とても切ない。彼のごつい膝が震えるのを、ユキは見逃さない。

ああ、一見強そうな、一見頑丈そうな顔が壊れてしまいそうだ。ユキにはそれがとても可愛らしく、愛らしいものに思える。

「イキたい?出ちゃいそう?」
「…楽しそうな顔…すん…な」
「んふ。だって、トモが感じてるの好き。誰にもそんな顔見せないでしょう?」
「…おま…だって…」

彼の欲望の先端から、ねちゃりとした液体が溢れてきた。糸を引く彼の先走りを指ですくい、カリの部分に滑らせる。んっ、と彼の息が大げさに漏れる。カリを指で何度も撫でていけば、彼が顔を赤らめていく。

(可愛い)

「も…やめろ…」

手を擦るのを強めようと思っていたのに、ユキはぴたりと手を止めた。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72350Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38230Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37683Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26879Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26291Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25603Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19905Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る