キャバ嬢とホストの甘くて淫らな1日

・作

キャバ嬢のアイナはお店の客とトラブルになり、自分は悪くないのに謝罪させられ、納得がいかない。そしてお気に入りのホスト、カイトに会いに行ったがお酒の飲み過ぎで店で寝てしまったアイナ。目が覚めると見覚えのない部屋のベッドの上にいた…!

現役No.1キャバ嬢のアイナは、今日もお気に入りのあの人に会いに行く。

その彼もまた現役No.1ホストだ。

「カイトぉ今日も来ちゃった♡」

アイナは2日連続でカイトに会いにホストクラブに来ていた。

カイトに対する思いは恋とか愛ではない。

話が合うというか、ウマが合うというか、話してて楽しいし、共感できることがたくさんある。

友達といるみたいに気が楽で、思ったことを何でも言える関係だ。

アイナは違う意味でカイトに癒やされていた。

「アイナ、昨日も来てたけど仕事大丈夫なわけ?」

「久々に2連休なの!何?私が来ない方がいいの?」

「そんなわけないだろ?待ってましたよ、お姫様」

そしてテーブルへと案内され、席に着くとブランケットをかけてくれた。

「アイナ、ミニスカートだから下着隠しに使って」

こういうさりげない優しさも好感が持てる。

だからアイナはカイトがお気に入りなのだ。

*****

共通の趣味が音楽という2人。

いつものように音楽の話で盛り上がり、お酒も進む。

少し酔ってくるとアイナはカイトに絡み出す。

「カイトぉ、いつになったら私を抱いてくれるのぉ」

「お姫様がお望みならいつでもこの身体を差し上げます」

「じゃあ今夜いい…?」

「もちろんです」

「ププッウケるー!」

カイトはノリもよく、アイナの冗談にいつも付き合ってくれる。

アイナは下ネタが好きじゃないが、カイトとなら下品にならないから話せる。

男性とこういう話をすると、だんだんいやらしい目で見てくる人が多いが、カイトにはそれがない。

欲がないのか、女に不自由してないからなのか、とてもサッパリしている。

だからこそ、カイトといて安心できるのだ。

「今日も楽しかったぁまたね、カイト」

「酔ってるけど1人で帰れるか?」

「大丈夫!じゃあね」

こうして私は気分よく帰れてぐっすり寝れる。

明日から仕事頑張ろっ!

*****

「アイナさーん、場内指名入りました!」

そこには初めて見るお客さんがいた。

「写真で見るより全然かわいいねぇ、さすがNo.1だ。肌も白くてきれいだねぇ」

アイナを舐め回すように見てくる客。

なにこのオッサン、なんか気持ち悪い…

隣に座ると脚をくっつけてくる。

ゾッとして鳥肌が立つ。

少し離れるが、今度は手を握ってくる。

手汗がすごい…吐きそうになったが何とか耐えた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68619Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39285Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33364Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27662Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27497Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22643Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19767Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17897Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る