愛をこじらせた一軍幼馴染に初体験を奪われた件

・作

久藤英子と尾崎恭介は、幼稚園から付き合いがある幼馴染。しかし、年齢が上がるにつれて関係はどんどん疎遠に…。大学に進学した英子は、やっと恭介から離れられたと思っていたが、新歓の席に何故か恭介がいて!?成人した後のある日、酔っ払った恭介に英子は押し倒されてしまう。ずっと好きだったって、どういうこと!?

白い天井が見える。

よく、天井のシミを数えてろなんていうけど、最近のアパートの天井にはシミなんて一つも見えない。

何よりあったところで、今の私に数えられたかどうか。

「なに、考えてんの?」

はぁっ、と熱い吐息を吐きながら、尾崎恭介が…いや“恭ちゃん”が私を見下ろす。

その眼差しは腹を減らした獣のようで、不機嫌そうにも見えた。

着てきた服はとっくにベッドの下に脱ぎ捨てられていて、引き締まった身体が私に覆いかぶさっている。

子供の頃は何度も一緒にお風呂に入ったし、プールや海にも行って、見慣れていたはずの身体。

誰よりも知っていたはずの、今は知らない男になった存在が、私を貪(むさぼ)っている。

「な、んにも…」

「そういうときは、俺のことっていってほしいな」

「ぅ、っく、あっ、あああァァァッ」

ぐっ、と腰が押し込まれ、私の喉からは悲鳴が迸(ほとばし)った。

最初に入れられたときこそ痛かったソレは、今や私を快楽の波にさらい、翻弄(ほんろう)する。

弄られすぎたクリトリスは真っ赤に腫れ上がり、少し触られただけでも身体が震えてしまう。

それは乳首も同じで、人と比べると控えめな私のおっぱいは、恭ちゃんの唾液でてろてろとなまめかしく光り、中央は見たことないくらい赤く尖っていた。

シーツは私が溢した愛液でびしゃびしゃに濡れ、まるでおもらしでもしたような様相になっている。

これで数時間前まで処女だったなんて、嘘みたいだ。

おまけに、初めての相手が恭ちゃんだなんて…。

「英子がっ、悪いんだからな!」

「あんっ!やっ、あァ!な、もぉ、やらぁ…!」

「俺のが、俺は!ずっと英子が好きだったのにッ!」

ぬぷぬぷ、ぱちゅぱちゅと、耳障りな水音が室内に響く。

激しい腰使いに、自然と腰が浮かんでしまう。

「きょ、ちゃあ…!」

「英子…好き、大好き…」

私の耳元で恭ちゃんが呻くように、懺悔するように何度もいう。

恭ちゃんの息が私の首筋にかかり、彼の表情は見えなくなってしまった。

できれば頭を撫でてあげたいけど、手はシャツで拘束されていて、抱き返すことすらできない。

口なんてもってのほかだ。恭ちゃんに動かれてしまっては、喘ぐ以外、ほとんど使えないのだから。

嬌声しか漏らさない役立たずな声や腕の代わりに、私はそっと恭ちゃんの腰に脚を巻き付けた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68594Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39279Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27662Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27497Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22635Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19734Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17889Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る